三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ 閉じる(シラバスの一覧にもどる)

科目の基本情報

開講年度 2022 年度
開講区分 教育学部・教育実地研究に関する科目
科目名 教育実地研究
きょういくじっちけんきゅう
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 1年次
74 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 教育実地研究基礎
きょういくじっちけんきゅうきそ
単位数 1 単位
ナンバリングコード
educ-comn-PRAC1501-001
開放科目 非開放科目    
開講学期

その他(学習要項・履修要項等を参照してください)

集中講義形式だが、コロナの状況により開講時期・形態を考慮する。

開講時間
集中講義(夏期休業中~冬季休業中)予定
授業形態


* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

「オンライン授業」・・・オンライン会議ツール等を利用して実施する同時双方向型の授業
「ハイブリッド授業」・・・「対面授業」と「オンライン授業」を併用した授業
「オンデマンド授業」・・・動画コンテンツの配信等によって実施する授業

開講場所 三重県総合博物館(MieMu)

担当教員 藤田達生など社会科教育講座教員

SDGsの目標
連絡事項

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

学修の目的と方法

授業の概要 博物館業務の補助をおこない、歴史教育における博物館の活用のありかたを学ぶ
学修の目的 子ども達と親しみ、彼らの学習の補助をおこなう。
学修の到達目標 子ども達やその両親との意思の疎通を自然に行えるようにする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○教育をめぐる現実的課題について、専門的知識に基づいて適切な対応を考えることができる。
○教育に関する課題を意識した実践を企画・運営し、関係者と協力して問題解決に取り組むことができる。
○教育に関わる職業人に求められる使命感・責任感を持ち、異文化、多世代の人と連携・協力することができる。
○自律的な学習者として、主体的に学び、振り返ることができる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  • ○リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 出席と子どもとも関わりへの態度を重視する。
授業の方法 実習

授業の特徴

PBL

問題自己設定型PBL

特色ある教育

グループ学習の要素を加えた授業
インターンシップ
地域理解・地域交流の要素を加えた授業

英語を用いた教育

授業改善の工夫
教科書 あらかじめ資料を配付する。
参考書
オフィスアワー 毎週水曜日午前10時~11時
受講要件 三重県総合博物館への往復や作業には危険が伴うので、学生教育研究傷害保険には必ず加入すること。
予め履修が望ましい科目
発展科目 学芸員実習
その他 興味を持つことができたら学芸員免許に挑戦してもよい。

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 博物館 体験学習
Key Word(s) Museum On-site training
学修内容 ・博物館の社会的役割
・展示までの流れ
・研究と社会教育
・親子体験教室の意義
・教材づくり実習
・展示キャプションづくり実習
・親子体験教室への参加
などの予定

以上を、学芸員と一緒に4日間おこなう。
事前・事後学修の内容 あらかじめ論文を配布し、予習するように指示する。
事前学修の時間:    事後学修の時間:

Copyright (c) Mie University