三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ 閉じる(シラバスの一覧にもどる)

科目の基本情報

開講年度 2022 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・農業生物学教育コース
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修 選択
農業生物教育コース推奨科目
授業科目名 食用作物学
しょくようさくもつがく
Food Crop Science
単位数 2 単位
ナンバリングコード
BIOR-Reso-3141-006
開放科目 非開放科目    
開講学期

後期

開講時間 金曜日 3, 4時限
授業形態

オンライン授業

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

「オンライン授業」・・・オンライン会議ツール等を利用して実施する同時双方向型の授業
「ハイブリッド授業」・・・「対面授業」と「オンライン授業」を併用した授業
「オンデマンド授業」・・・動画コンテンツの配信等によって実施する授業

開講場所 生物資源学部

担当教員 長屋祐一(生物資源学部生物圏生命科学科)

NAGAYA Yuichi

実務経験のある教員 農業生産工程管理手法の一つであるGAPの国際規格であるASIAGAPの審査員資格を所有し,審査・認証機関に所属して審査業務を行っている.食用作物の栽培管理におけるリスク管理(食品安全),農作業におけるリスク管理(労働安全,人権),土地利用型の栽培持続性に関与する環境保全の要素は,GAPに含まれています.この実務経験は,食用作物の生産工程とこれを取り巻く環境を教授するのに役立っている.

SDGsの目標
連絡事項

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

学修の目的と方法

授業の概要 持続的な食料生産を行うために主食となる食用作物を取り上げ,基礎的事項を習得した後,栽培技術や生産原理を学びます.また,これからの食用作物の栽培について安定的で環境保全的な方法について議論します.
この講義は,三重大学の教育目標である4つの力の「感じる力」「考える力」「コミュニケーション力」を身に付けるため,生物資源学部のDPである(2)専門的な基礎知識と(3)科学的で論理的な思考を展開する力の修得を目指します.
学修の目的 食用作物学は,イネ・ムギ(穀類),ダイズ(マメ類),サツマイモ・ジャガイモ(イモ類)などの食用作物について,最適な栽培方法や生産原理などについて,議論と理解を深める講義です.この講義に参加する学生は,これらの問題を理解することで,今後の食糧の安定供給に関する栽培技術の問題点を解決でき,自ら考察できるようになることを目的とします.
学修の到達目標 食用作物学は,食料生産を行う作物(イネ・ムギ(穀類),ダイズ(マメ類),サツマイモ・ジャガイモ(イモ類)など)の生産技術や原理を身に付けることができます.そのため,以下の学修到達目標を設定します.
(知識)
 イネ・ムギ(穀類),ダイズ(マメ類),サツマイモ・ジャガイモ(イモ類)などの作物別に生理的・生態的特徴を説明することができる.
(態度)
グループワークなどの討論を通じて,自分の意見をまとめて発言する.同時に,他の受講生の意見を認め,取り込み,さらに展開することとで,内容を深化させることができる.
(技能)
 講義への参加を通じて,農作物の栽培概念に関する議論を展開できる.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 (1)幅広い教養と倫理観、国際感覚を身につけ、豊かな人間性を有している。
 (2)生命、環境、食料、健康等に関する生物資源学の基本的な知識と技術、経験を有している。
○(3)科学的で論理的な思考を展開することができ、計画的に問題の解決に取り組むことができる。
 (4)豊かなコミュニケーション能力を持ち、他者と協力して行動することができる。
 (5)社会の変化に柔軟かつ自律的に対応し、発展的に生きていくことができる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  • ○心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

○ JABEE 関連項目
成績評価方法と基準 小テストと期末試験を併せて100%.
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

特色ある教育

Moodleを活用する授業

英語を用いた教育

授業改善の工夫 理解を助けるための補助教材として実物,写真,映像等を充実させる.授業の疑問,質問や意見などについて,moodleを用いて,相互理解に努める.
教科書 作物学各論(石井龍一ほか著,朝倉書店)
参考書
オフィスアワー 金曜日12時から13時,生物資源学部棟360号室.
受講要件 資源作物学概論を履修済であること
予め履修が望ましい科目 作物学・資源作物学概論
発展科目 陸圏生物生産学演習,工芸作物学
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学修(習)要項で確認してください)
環境教育に関連した科目

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 食用作物,穀類,マメ類,イモ類,食糧生産,栽培技術
Key Word(s) crop science, field crops, cereals, rice,wheat, barley, maize, soybean, potato, sweet potato
学修内容 1.ガイダンス,食用作物の重要性・農業生産工程管理(GAP)との関連性
2.食用作物の定義と作物学における位置づけ
3.イネの進化と分類
4.イネの伝播と生産状況
5.イネの形態と機能
6.イネの栽培管理
7.イネの品種,収量と品質
8.ムギの進化,分類,伝播と生産状況
9.ムギの栽培管理と利用
10.ダイズの起源と伝播
11.ダイズの形態と機能
12.ダイズの生育特性と栽培管理
13.サツマイモの起源と伝播
14.サツマイモの生育特性と栽培管理
15.ジャガイモの起源,生育特性と栽培管理
16.期末試験
事前・事後学修の内容 第1回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分)
第2回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分)
第3回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分).
第4回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分)
第5回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分).
第6回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分)
第7回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習しつつ,イネについてまとめる(120分).
第8回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分)
第9回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習しつつ,ムギについてまとめる(120分)
第10回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分)
第11回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分).
第12回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習しつつ,ダイズについてまとめる(120分)
第13回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習する(120分).
第14回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習しつつ,サツマイモについてまとめる(120分)
第15回 事前予習 事前に指示する資料を予習する(120分),授業の内容を振り返り復習しつつ,ジャガイモについてまとめる(120分).
事前学修の時間:120分/回    事後学修の時間:120分/回

Copyright (c) Mie University