三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・キャリア教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
授業科目名 インターンシップ入門
いんたーんしっぷにゅうもん
Beginning Internship
授業テーマ ワークルール
単位数 2 単位
ナンバリングコード
LICAED1

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開講学期

前期

開講時間 月曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 金森史枝(学生総合支援センター)

KANAMORI,Nobue

学修の目的と方法

授業の概要 大学と三重県内の行政及び企業などが連携して、インターンシップの機会を提供します。この授業では、まず、ワークルールを学び、インターンシップの参加に向けて、心得えを習得し、参加目標を明確にします。そのうえで、実際に行政及び企業などで就業体験した後、指導体制、目標達成度、習得できたこと、反省点、自己の今後への活かし方や後輩に伝えたいことなどを整理する技術を学びます。その結果、インターンシップの効果的な参加に役立てます。
学修の目的 ・ワークルールを学び、社会で通用する知識やスキルを学ぶ。
・インターンシップ事前研修で、必要な準備をして、効果的なインターンシップを体得する。
・インターンシップの事後報告をすることで、今後の課題を明確にして残りの大学生活に活かす。
学修の到達目標 ・ワークルールを学び、事前にインターンシップの準備を行うことで、有益なインターンシップへとつなげる。
・インターンシップの後に今後の課題を明確にすることで、残りの大学生活を一層充実したものにする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  •  問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 授業への参加(授業中の態度・発言)約30%
インターンシップ参加目標計画書 約20%
事後報告書提出 約 50%
授業の方法 講義 演習

授業の特徴

PBL

問題提示型PBL(事例シナリオ活用含)
問題自己設定型PBL
プロジェクト型PBL
実地体験型PBL

特色ある教育

Moodleを活用する授業
地域理解・地域交流の要素を加えた授業
キャリア教育の要素を加えた授業

英語を用いた教育

授業改善の工夫 毎週受講生からリアクションペーパーを提出してもらい、その内容により授業改善への対応を図ります。
教科書 適宜、資料を配布します。
参考書 授業で取り上げるテーマに関連して適宜紹介します。
オフィスアワー 水曜日12:00-13:00(アポイントを取れば、月~水随時)
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード インターンシップ,ワークルール,事前研修
Key Word(s)
学修内容 第1回~第6階 ワークルール
労働契約、内定、内定取り消し、内定辞退について、労働条件通知書の内容理解、労働協約、就業規則の内容理解、インターンシップとトラブル、裁量労働時間制

第7回~第10回 インターンシップ事前研修
労働者としての義務、インターシップの心得え、インターンシップで何を学ぶのか、インターンシップ参加目標

第11回~第15回 インターンシップ事後報告
指導体制、目標達成度、習得できたこと、反省点、今後への活かし方、後輩に伝えたいこと
事前・事後学修の内容

Copyright (c) Mie University