三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 工学部建築学科/総合工学科建築学コース ・専門教育
建築設計・計画
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 都市設計
としせっけい
Urban Design
単位数 2 単位
ナンバリングコード
EN-ARCH-2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目     
開講学期

後期

開講時間 水曜日 1, 2時限
開講場所 建築学科棟1番教室

担当教員 浅野 聡 (工学部建築学科)

ASANO, Satoshi

学修の目的と方法

授業の概要 日本の都市や地域が歴史的に見てどのように計画・設計されてきたか、古代から現代を対象に各時代の都市設計・都市計画の理念や方法、制度の特徴と変遷、実例について解説する。現代においては、都市設計の基本的考え方、法定都市計画体系、都市計画マスタープラン、建築基準法における集団規定、地区計画、代表的な実例、三重県における実例、 21世紀の都市設計の潮流について解説する。
学修の目的 日本の都市の計画・設計史に関して、古代から現代に至る大きな流れを理解し、特に近現代における基本的な変遷と特徴、建築設計における都市設計の視点の必要性、について説明出来ることを目的とする。
学修の到達目標 日本の都市の計画・設計史に関して、古代から現代に至る大きな流れを理解し、特に近現代における理念・方法・制度・計画の変遷と特徴、建築設計における都市設計の視点の必要性、主な実例について説明出来る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
 文化や社会の発展について、歴史的に理解し、説明できる。地球的視点に立ち、文化や社会の多様性について理解し、説明できる。【広い分野】
 建築家あるいは建築技術者を対象とした技術者倫理に関する知識を持ち、説明できる。専門科目の演習を通じて、倫理的判断の態度を身につける。【技術者倫理】
 建築学の基礎となる数学・自然科学・情報技術の基礎知識を持ち、応用できる。計画・環境設備・構造・生産の専門知識を持ち、データを分析し、適切に説明できる。【専門的能力】
 論理的な記述能力、学習したことを発表、討論できる日本語能力を身につける。専門英語の基礎知識をもち、英語による基本的なコミュニケーション能力を身につける。【コミュニケーション能力】
 与えられた課題に対して、社会のニーズ、予想される問題を把握し、建築学的な解決策を設計できる。自発的で継続的な学習の方法と態度を身につける。設計製図などの演習を通じて、グループワークの方法と態度を身につける。【デザイン能力】

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 試験(80点満点)とレポート(20点満点)の結果にもとづき、合計が60点以上の学生を合格とする。7割以上の出席のある学生を成績評価の対象とする。
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

特色ある教育

地域理解・地域交流の要素を加えた授業
その他、能動的要素を加えた授業(ミニッツペーパー、シャトルカードなど)

英語を用いた教育

授業改善の工夫 重要な内容については、適宜、復習も兼ねて質疑応答等を行い、教員との対話の時間を設けて学生の理解度の向上に努める。
教科書 講義中にプリントを配布する。
参考書 都市史図集(都市史図集編集委員会 彰国社)、日本近代都市計画 の百年(石田頼房 自治体研究社)
オフィスアワー 火曜日の12:00〜13:00。上記時間以外も在室時は随時対応。電子メールによる受付も随時対応(asano@arch.mie-u.ac.jp)
受講要件 建築設計、都市計画を目指す学生にとっては重要な科目である。
予め履修が望ましい科目 建築計画I・II
発展科目 ファシリティマネジメント、地域計画、緑地環境学、まちづくり工学、建築設計製図IV
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 都市設計史、都市設計、都市計画、地域計画、社会基盤、まちづくり
Key Word(s) History of urban design and planning, Urban design, Urban planning, Regional planning, Social infrastructure, Community planning
学修内容 1.社会資本整備概説
2.都市設計史 その1 古代・中世
3.都市設計史 その2 近世
4.都市設計史 その3 近代(前半)
5.都市設計史 その4 近代(後半)
6.都市設計史 その5 欧米近代都市計画の思潮と日本への影響
7.都市設計史 その6 現代(前半)
8.都市設計史 その7 現代(後半)
9.都市設計の基本的考え方 その1 法定都市計画体系と建築基準法における集団規定
10.都市設計の基本的考え方 その2  都市計画マスタープラン
11.都市設計の基本的考え方 その3 地区計画と集団規定
12.都市設計の実践例 その1 住環境設計
13.都市設計の実践例 その2 商環境設計・景観設計
14.都市設計の実践例 その3 協働型まちづくり
15.21世紀の都市設計の潮流 集約型都市構造への展望
16.試験
事前・事後学修の内容 <予習>各回の学習内容に関して、参考書および他の関連書籍、HPなどを参照する。
<復習>各回終了後に授業で配布したプリントを再読し、解説したポイントを理解する。

Copyright (c) Mie University