三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2013 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・保健体育
科目名 小学校の教科に関する科目体育
しょうがっこうのきょうかにかんするかもくたいいく
Physical Education for Elementary School
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 4年次
62 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 小学校専門体育Ⅲ (ソフトバレーボール・水泳)
しょうがっこうせんもんたいいくさん(そふとばれーぼーる・すいえい)
Physical Education for Elementary School Ⅲ
単位数 1 単位
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次
63・64 期生
卒業要件の種別 選択必修
AⅠ類は小学校専門体育A・B・C・Dから1つを必修
AⅢ類(特別支援コース・小学校)及びAⅣ類(幼児教育コース)は選択必修
授業科目名 小学校専門体育C (ソフトバレーボール・水泳)
しょうがっこうせんもんたいいくしい(そふとばれーぼーる・すいえい)
Physical Education for Elementary School C  
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 3, 4時限
開講場所 第一体育館、プール

担当教員 大隈節子,重松良祐

OKUMA,Setsuko SHIGEMATSU,Ryosuke

学習の目的と方法

授業の概要 小学校体育で扱う運動領域のうち、ボール運動(ソフトバレーボール)と水泳実習
学習の目的 小学校体育で扱われるボール運動(ソフトバレーボール)と水泳の概要が理解できる
学習の到達目標 ソフトバレーボール:小学生用のソフトバレーボールのルールを理解し、ゲーム中に必要な基本プレーができるようになる。
水泳:水中運動における安全について理解し、水中運動に親しむ資質や能力の基礎を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴

教科書 日本野外運動研究会編「水泳の指導」杏林書院、斉藤秀俊「命を守る着衣泳」新潟日報事業社
成績評価方法と基準 出席状況、学習態度、試験結果の総合的評価
オフィスアワー 大隈(ソフトバレーボール):水曜日 12:00~13:00
重松(水泳):月曜日 12:00~13:00
その他 62期生までは小専体育Ⅲ、63・64期生は小専体育Cとして開講

授業計画

キーワード 小学校体育、ソフトバレーボール、水泳
学習内容 ≪1回〜7回≫
1.ボール運動(ソフトバレーボール) 大隈担当
1)基本的なボール操作
2)基本技術・戦術の学習①
3)基本技術・戦術の学習②
4)基本技術・戦術の学習③
5)簡単なゲーム分析の学習
6)ルールおよび審判法の学習
7)ボール運動(ソフトバレーボール)のまとめ   

≪8〜14回 ≫ 
2.水泳  重松担当
1)水慣れ、水遊び各種
2)水中の基本姿勢、浮身、潜水
3)けのび、ばた足
4)呼吸確保、面かぶりクロール
5)着衣泳
6)平泳ぎ
7)背泳ぎ

≪15回≫ まとめ
学習課題(予習・復習) 各自ノートを準備して、その時間に行われた内容を記し、また配付された資料を貼り、各回授業に対するコメントを記すこと。すべての授業終了後にノート提出を求める。

Copyright (c) Mie University