三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2013 年度
開講区分 教育学部・生涯教育に関する専門科目(C類)
科目名 スポーツ健康科学コース選択必修科目
すぽーつけんこうかがくこーすせんたくひっしゅうかもく
受講対象学生 教育学部, C 類

学部(学士課程) : 4年次
~62 期生
原則として健康管理学、健康管理学演習を受講したものに限る。
なお、本科目は62期までのカリキュラムに含まれる科目で、63期以降の学生は受講できません。
卒業要件の種別 選択
授業科目名 健康管理学実験
けんこうかんりがくじっけん
Health Management Experiment
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 7, 8, 9時限
開講場所 保健実験室

担当教員 冨樫健二

TOGASHI, Kenji

学習の目的と方法

授業の概要  教育現場、運動・スポーツ指導現場に出てから役立つ健康管理に関わる基本的な測定方法、データ解析方法、プレゼンテーション方法を実験・実習を通して学ぶ。
学習の到達目標  実験の目的、方法を理解し、正確な測定を行うことの意義が理解できる。得られた結果をコンピュータを用いて整理、加工、分析する能力が身に付けられる。自分の考えを他者へ理解してもらうためのプレゼンテーション能力を高めることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴 PBL

教科書 適宜資料を配付する
成績評価方法と基準 出席、ノート(A4の紙が貼れるもの)提出、ミニ論文等。ノートは次週の火曜5時までに実習の資料、説明されたポイント、感想・考察等をまとめ提出すること。
オフィスアワー 木曜12:20~12:40
受講要件 現有機器の関係上8名を上限とします
予め履修が望ましい科目 健康管理学、健康管理学演習
授業改善への工夫 随時学生からのニーズを聞きながらup-to-dateな授業を心がける
その他 実習時は運動のできる服装に着替えること

授業計画

キーワード 健康に関わる生体情報、コンピュータ解析、情報の収集整理、プレゼンテーション
学習内容 1.形態計測、体格、体組成
 身長、体重、体脂肪(BIA法、キャリパー法)、他
2.心拍数、心電図、血圧測定
 HRモニタ、心電計、水銀血圧計、運動負荷血圧計
3.運動負荷試験1
 エルゴメータを用いた最大酸素摂取量の測定
4.簡易運動負荷試験
 PWC170
5.データ処理法
 コンピュータを用いたデータ整理、統計処理
6.運動負荷試験2
 トレッドミルを用いた最大酸素摂取量の測定
7.フィールドテスト
 スタミナテスト、ライフコーダ、HRモニタ
8.動的筋力測定
 サイベックスマシンを用いた下肢筋力の評価
9.血糖、乳酸測定
 簡易血糖・乳酸測定器
10.資料収集法
 コンピュータ、インターネットを用いた資料収集
11.プレゼンテーション
 PowerPointを用いたプレゼンテーション
学習課題(予習・復習) 実験では精密な各種計測機器を用いるため、日頃から扱いに慣れるよう努力すること。得られた結果が何を意味しているのか、どうしてそのようになったのか機序を考えること。得られた結果をわかりやすく客観的に表現するにはどのようにまとめればよいか考えること。コンピュータやインターネットを積極的に利用すること。

Copyright (c) Mie University