三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2011 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・社会
科目名 経済学
けいざいがく
Economics
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
62-60 期生
卒業要件の種別 選択
授業科目名 経済学原論(国際経済を含む)
けいざいがくげんろん(こくさいけいざいをふくむ)
Principles of Economics
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
放送大学科目 放送大学科目ではない
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 内田 秀昭(教育学部)

UCHIDA, Hideaki

学習の目的と方法

授業の概要 本授業では、これまで経済学を学んだことがない学生を対象に、市場経済の機能と限界、政府による経済政策の役割、国民経済の構成、景気循環と財政・金融政策、などミクロ経済学とマクロ経済学の基礎について講義を行う。
学習の到達目標 経済学の基礎理論を学習し、現実に起こっている経済問題の本質を見極め、自らその解決策を考える能力を身につけるようにする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 N・グレゴリー・マンキュー著「入門経済学」
成績評価方法と基準 レポート20%、期末試験80%

授業計画

キーワード 市場経済、国民経済、経済政策
学習内容 第16回 マクロ経済学とは
第17回 GDPの定義と構成要素
第18回 実質GDPと名目GDP、およびGDPの重要性
第19回 消費者物価指数
第20回 インフレーション
第21回 経済成長と生産性
第22回 経済成長と公共政策
第23回 金融市場と金融機関
第24回 貸し付け資金市場
第25回 貨幣システム
第26回 貨幣についての古典派理論
第27回 国際マクロ経済 
第28回 総需要と総供給
第29回 総需要・総供給分析
第30回 後半のまとめ
学習課題(予習・復習)

Copyright (c) Mie University