三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2011 年度
開講区分 地域イノベーション学研究科(博士前期課程)
受講対象学生
選択・必修
授業科目名 技術者倫理特論
ぎじゅつしゃりんりとくろん
Advanced Engineering Ethics
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講 他研究科の学生の受講可
放送大学科目 放送大学科目ではない
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間
開講場所

担当教員 村上克介(生物資源学研究科),水谷一樹(名誉教授)

学習の目的と方法

授業の概要 「技術が社会および自然に及ぼす影響・効果に関する理解力や責任など、技術者として社会に対する責任を自覚する能力(技術者倫理)(日本技術者教育認定機構 Japan Accreditation Board for Engineering Education; JABEE基準1の(1)(b)より)」を身につけ、学問と個人の人生及び社会との関係を教え、学生が主体的に課題を探求し解決するための基礎となる能力をeラーニングとPBL(Problem Based Learning: 問題発見解決型学習)チュートリアル形式の授業により育成する。
学習の到達目標 (1)技術者は,ものづくりを行うことを通じて,他人に危害を与える可能性のあ
  る仕事をすることになることを理解し,技術者としての倫理観を養成する。
(2)設計や実験の意義を理解し,多様な観点からものづくりを検討する能力を養
  う。
(3)具体的な事例について技術者倫理に対する理解を深め,工学的判断力を養
  う。
(4)知的財産権の理解を深める。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 PBL

教科書 教科書:【各自購入】はじめての工学倫理 第2版(斉藤了文、坂下浩司,昭和堂),【授業時に配布予定】産業財産権標準テキスト特許編((財)発明協会,経済産業省,特許庁)参考書:(1) 科学技術者の倫理-その考え方と事例(C. E. ハリス他,丸善)
成績評価方法と基準 以下の方式で配点を行い,総合の60%以上を合格とする。
グループ発表評価40%,グループ内評価30%,レポート30%
オフィスアワー メールもしくは電話で訪問時間について各授業担当教員に連絡を取り、面談を行う。
授業改善への工夫 授業は,プリントを使用して行い,討論により相互コミュニケーションによる理解と情報発信能力の向上を目指している。
その他 (本学の教育目標との関連)
「感じる力」=20%、「考える力」=50%、「生きる力」=10%、「コミュニケーション力」=20%

授業計画

キーワード 技術者倫理、工学倫理、知的財産権、特許、著作権、PBL、多面的理解、社会理解
学習内容 第1回 アイスブレーキング、技術者倫理とは何か?(ガイダンス)
第2回 組織とエンジニア(スペースシャトルの事故)(話題提供、グループ討論)
第3回 組織とエンジニア(グループ討論、スライド作成)
第4回 組織とエンジニア(グループ発表と質疑応答)
第5回 知的財産権(特許と著作権)(話題提供、グループ討論)
第6回 知的財産権(グループ発表と質疑応答)
第7回 企業秘密(話題提供、グループ討論)
第8回 企業秘密(グループ発表と質疑応答) まとめ
学習課題(予習・復習) ○各回の予習と復習については授業時に連絡する。
○プレゼンテーション資料の作成

Copyright (c) Mie University