三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度・区分 2010 年度・全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)
授業科目名称 教育課程論 Ⅱ
よみがな きょういくかていろん
英語表記 Theories of Curriculum Development
対象学生・科目区分 全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)・・・2~4年次
開講学期・単位数等 前期集中講義・・2単位
時間割
他学部等の受講可否
他研究科等の受講可否
担当教員 柴本 枝美(非常勤講師)

授業内容・授業計画

授業形態 講義
キーワード・テーマ 教育課程を編成することの意義と方法を知る。
授業の目的・概要 自分の理想とする学校づくりのための、教育課程編成に関する基本的な概念や原理、
具体的な方法を身につける。
学生の到達目標 以下に示す内容を理解していること。
1.教育課程の編成に関する基本的な理論と具体的な方法
2.日本における教育課程の歴史的変遷
本学教育目標との関連 「感じる力」= 0%, 「考える力」= 0%, 「生きる力」= 0%, 「コミュニケーション力」= 0%
教科書、参考書 *教科書
テキストは使用しない。適宜プリントを配布する。
*参考書
田中耕治・水原克敏・三石初雄・西岡加名恵『新しい時代の教育課程』有斐閣、2005年。
天野正輝『教育課程編成の基礎研究』文化書房博文社、1989年。
このほか、参考書は授業の中で紹介する。
成績評価方法と基準 授業中に指定するレポート課題
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 学習課題(予習・復習)
1.教育課程とは何か
 最初の時間に、自分にとって理想の学校の時間割を作成し、
 それをもとに教育課程について理解を深めていくことをめざす
2.教育課程の思想と構造
 教育課程の編成における根本的な思想(生活と科学)
 教育課程の類型
 教育課程の構造(領域論) 
3.教育課程の歴史
 学習指導要領の変遷
4.教育課程編成のシステム
 総合的な学習のカリキュラムづくりに関わって事例紹介
 今日的な課題への挑戦(ex.いのちの教育、性教育)
5.教育課程の評価

Copyright (c) Mie University