三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度・区分 2010 年度・教育学部・教科に関する専門科目(A類)・技術
科目名 電気・工業
授業科目名・単位数 62-55 期生 A類 工場見学 1 単位
担当教員 松本金矢(教育学部技術教育講座)、魚住明生(教育学部技術教育講座)、中西康雅(教育学部技術教育講座)
開講学期・時間割 通年 / 集中講義時限
他学部等の受講可否 他学部生等受講不可
他研究科等の受講可否 受講不可
市民開放授業 市民開放授業ではない

授業内容・授業計画

授業形態 演習
キーワード・テーマ 主に三重県内の各種企業の工場や公共設備を見学し、実際の現場を理解する。
授業の目的・概要 毎年不定期に開講される見学に参加し、相手側担当者と討論を行うとともに、見学内容及び周辺の技術に関するレポートを作成する。
本学教育目標との関連 「感じる力」= 25%, 「考える力」= 25%, 「生きる力」= 25%, 「コミュニケーション力」= 25%
受講要件 2・3年次の2年間にわたり実施するので、2年間継続して履修すること。
見学日程は掲示にて通知する。
危険を伴うこともあるため,学生教育研究災害傷害保険等に必ず加入すること。
見学に支障のない服装で参加すること。
教科書、参考書 必要に応じて書籍を紹介したり、プリントを配布する。
成績評価方法と基準 出席 70%、各回のレポート30% 。
オフィスアワー 連絡窓口教員:中西康雅(教育学部技術教育講座)
毎週水曜日12:00~13:00,場所:技術棟1階 材料加工教員室
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 学習課題(予習・復習)
1.概論
2.事前学習
3~7.現場の見学(1)
8.事後学習
9.事前学習
10~14.現場の見学(2)
15.事後学習とまとめ
1.概論では「工場見学」の目的や注意事項について説明する。
2.事前学習では、見学予定相手の製品やサービスの内容、産業における位置づけ等について調査する。
3.見学では、既習の知識をもとに見学し、担当員と討論する。
4.事後学習では、実際の現場で感じたこと、事前学習との違い等についてまとめ報告書を作成する。

Copyright (c) Mie University