三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度・区分 2010 年度・全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)
授業科目名称 教育技術論
よみがな きょういくぎじゅつろん
英語表記 Theory of Education Technique
対象学生・科目区分 全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)・・・2年次
開講学期・単位数等 後期・・2単位
時間割 月曜日・ 9,10時限
他学部等の受講可否 他学部生等受講可
他研究科等の受講可否 他専攻・他研究科受講可
担当教員 長濱文与(高等教育創造開発センター)

授業内容・授業計画

授業形態 講義,演習
授業方法 能動的要素を加えた授業(PBLを除く)
キーワード・テーマ 教育技術、授業づくり
授業の目的・概要 教職を目指す上で必要な教育技術に関する知識や考え方を、仲間との学び合いを通して獲得する。さらに、それらを自分自身と関連づけながら理解を深める。
学生の到達目標 様々な教育技術に関して、学習内容をふまえた説明ができる。そして、それらを自分なりに活用・応用するための準備ができる。
本学教育目標との関連 「感じる力」= 20%, 「考える力」= 30%, 「生きる力」= 20%, 「コミュニケーション力」= 30%
受講要件 教職に関心をもつ学生、学び合いに意欲的に取り組む学生
予め履修が望ましい科目 教職入門
教科書、参考書 教科書:なし。適宜、資料を配付する
成績評価方法と基準 出席・参加・授業への姿勢40%、課題30%、試験30%
オフィスアワー 前期:月曜5,6限、後期:水曜5,6限
場所:研究室(高等教育創造開発センター内)
授業改善への工夫 授業に関する学生の意見・感想を、毎回フィードバックする。
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 学習課題(予習・復習)
第 1回 導入:授業の概要と方法の確認
第 2回 学力のとらえ方(1)
第 3回 学力のとらえ方(2)
第 4回 授業づくりの基礎(1)
第 5回 授業づくりの基礎(2)
第 6回 学習形態の工夫:一斉指導(1)
第 7回 学習形態の工夫:一斉指導(2)
第 8回 学習形態の工夫:個別指導(1)
第 9回 学習形態の工夫:個別指導(2)
第10回 学習形態の工夫:探究学習、問題解決学習
第11回 学習形態の工夫:協同学習(1)
第12回 学習形態の工夫:協同学習(2)
第13回 教育評価の方法
第14回 教育評価を活かした授業づくり
第15回 まとめ
毎回、予習・復習を必ずおこなうこと。

Copyright (c) Mie University