三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度・区分 2010 年度・全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)
授業科目名称 総合演習(国語)
よみがな そうごうえんしゅう(こくご)
英語表記 Comprehensive Seminar for Japanese
対象学生・科目区分 全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)・・・2-4年次
開講学期・単位数等 前期・・2単位
時間割 金曜日・ 5,6時限
他学部等の受講可否
他研究科等の受講可否
担当教員 屋木 瑞穂(非常勤講師)

授業内容・授業計画

授業形態 演習
キーワード・テーマ 「総合的な学習の時間」に活きる言語能力の育成
授業の目的・概要 「総合的な学習の時間」の意義に対する理解を深め、学習活動を展開する上で必要な言語能力をどう育てるかについて、体験的な活動を通じて探究する。
学生の到達目標 「総合的な学習の時間」の意義に対する理解を深める。また、演習の中で行う情報収集・分析、討論、発表などの体験的学習を通じて、主体的な課題解決能力の向上を目指す。
本学教育目標との関連 「感じる力」= 20%, 「考える力」= 30%, 「生きる力」= 20%, 「コミュニケーション力」= 30%
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 特になし
発展科目 特になし
教科書、参考書 教科書:文部科学省『中学校学習指導要領解説 総合的な学習の時間編』(平成20年9月、教育出版)、適宜資料を配布する。                               
参考書:授業中に適宜指示する。
成績評価方法と基準 出席30%(欠席は4回以下とする)、学習活動への取り組み状況30%、期末レポート40%により、総合的に評価する。
オフィスアワー 授業中、もしくは授業後に質問の機会を設定する。
授業改善への工夫 授業に対する質問・要望を聞き、適宜対処する。
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 学習課題(予習・復習)
他者との関わりの中で自らの課題を主体的に探究し、情報の収集・活用、討論や発表などを通じて問題解決能力の育成を目指す「総合的な学習の時間」の学習活動において必要な言語能力をどう育てるかについて、体験的な活動を通じて探究する。                                              
第1回 オリエンテーション  
第2~3回 「総合的な学習の時間」創設の背景と趣旨
第4回 「総合的学習の時間」で育てたい力 
第5回 「総合的な学習の時間」の実践事例①
第6~7回 ブックトーク  
第8回 「総合的な学習の時間」の実践事例②
第9回 「総合的な学習の時間」に活きる言語能力の育成
第10~11回 「読解力」の育成を目指して
第12~14回 ディベート
第15回 まとめ                                                            
予習としては、テキストの指定した部分を読むこと。また、授業中に与えられた課題について、情報収集し、丹念に準備して発表に臨むこと。
復習としては、毎回配布する資料とともに、適宜指示した参考文献を読み、授業内容について理解を深めること。

Copyright (c) Mie University