三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度 2008 年度
領域等 主領域C
授業科目名称 情報処理特論Ⅱ
よみがな じょうほうしょりとくろんに
英語表記 Information Processing Ⅱ
対象学生・科目区分 工学研究科(博士前期課程)電気電子工学専攻・・・2年次
開講学期・単位数等 後期・2単位
開放科目 受講不可
担当教員 篠木 剛(工学研究科電気電子工学専攻)

授業内容・授業計画

授業種別 講義,演習
キーワード・テーマ ディジタルシステム設計,ディジタル回路設計言語,EDA,リコンフィギュラブルシステム,組み込みシステム
授業の目的・概要 電子システム設計に関するソフトウエア技術やハードウエア技術を講義する.また,これらに関する技術をグループで調査し,結果をまとめ,発表を行う.
学生の到達目標 電子システム設計に関するソフトウエア技術やハードウエア技術を理解する.
受講要件 ディジタル論理回路を修得していること
教科書、参考書 半導体理工学研究センター(STARC)で作成されたテキストを配布する.
成績評価方法と基準 レポート30%,出席30%,グループ内評価20%,グループ発表20%.
オフィスアワー 毎週金曜日午後5時30分~6時30分
授業改善への工夫 学生の自主的学習を促すためPBL形式での授業を取り入れる.
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 課題
1. ガイダンス、ディジタル回路設計の基本
2. ディジタル回路設計の基本
3. ディジタル回路設計言語 VerilogによるRTLレベル設計
4. ディジタル回路設計言語 SystemCによる高位レベル設計
5. 動作合成
6. 機能検証
7. テスト容易化設計
8. リコンフィギュラブルデバイス
9. リコンフィギュラブルシステム
10. 組み込みシステムと開発概要
11. 組み込みシステムと開発概要
12. 電子システム設計技術の調査PBL テーマ設定・調査
13. 電子システム設計技術の調査PBL 調査
14. 電子システム設計技術の調査PBL 結果報告
15. 全体まとめ

Copyright (c) Mie University