三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度 2008 年度
科目名 器楽
(Instrumental)
授業科目名・単位数 59~60 期生 A類 器楽研究B2
(Instrumental Music B1)
1 単位
担当教員 澤田幸江(教育学部非常勤講師)
開講学期・時間割 後期 / 火曜日・9~10時限

授業内容・授業計画

授業形態 演習
キーワード・テーマ 弦楽器、姿勢、響き、アンサンブル、コミュニケーション
授業の目的・概要 前期授業の発展と応用。弦楽器奏法(ボーイング技術、運指法など)、及び特殊奏法を習得する。
アンサンブルも試みることによりコミュニケーション能力を養う。
弦楽器特有の響きと表現の可能性を探求し、より豊かな感性を養う。
学生の到達目標 弦楽器奏法の基礎を学ぶことにより楽曲の理解力や音楽的感性を高め、指導者としての応用力を身に付ける。
本学教育目標との関連 「感じる力」= 30%、「考える力」=30%、「生きる力」= 10%、「コミュニケーション力」= 30%
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 器楽研究B1
発展科目 器楽合奏(伴奏法・合奏)1・2、指揮法演習1・2
教科書、参考書 Die fröhliche Violin Band2、Superstudies for violin Book1、新しいヴァイオリン教本等の教材から適当な課題を随時プリントして配付する。
成績評価方法と基準 授業態度40%、 出席状況40%、 実技テスト20%、 計100%
オフィスアワー 毎週木曜日12:00~13:00(連絡窓口/兼重研究室)
その他 履修可能な楽器はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとする。
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 学習課題(予習・復習)
1.~2. ガイダンス、短調の音階、フラット系音階の習得
3.~5. フラット系の楽曲演奏
6.~7. ピチカート、和音奏法など、弦楽器独特の技法や特殊奏法の習得
8.~9. 特殊奏法を伴った楽曲の練習
10.~12. ポジション移動の習得
13.~14. アンサンブル実習
15. 実技テスト
授業で学んだ楽曲は十分に練習すること。

Copyright (c) Mie University