三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度 2008 年度
領域等 主領域A
授業科目名称 電機制御特論Ⅰ
よみがな でんきせいぎょとくろんいち
英語表記 Electrical Machine Control Ⅰ 
対象学生・科目区分 工学研究科(博士前期課程)電気電子工学専攻・・・2年次
開講学期・単位数等 後期・2単位
開放科目
担当教員 平井 淳之,弓場井 一裕(工学研究科電気電子工学専攻)

授業内容・授業計画

授業種別 講義,演習
キーワード・テーマ メカトロニクス制御、ロボット、モーション制御、DCサーボ、ACサーボ
授業の目的・概要 目的:
ロボットや工作機、半導体製造機器、産業機器などを駆動するための電動サーボモーション制御技術に関して、それぞれの方式に関する理解を深めるとともに、その将来動向を考察する。
概要:
 1)メカトロニクスとモーション制御の歴史
 2)DCサーボ制御方式
 3)ACサーボ制御方式
 4)最新のサーボモーション制御技術
 5)メカトロ機器・ロボットにおけるサーボモーション制御の実際
学生の到達目標 電気機器制御としてモータ(特にサーボモータ)単体の制御のみならず、用途を限定した特定のメカトロ機器全体としてのモーション制御の統一的な原理と、個々の特徴を理解できるようにする。
受講要件 特になし。 予め履修が望ましい学部科目は以下。
予め履修が望ましい科目 制御工学Ⅰ、制御工学Ⅱ、パワーエレクトロニクス、電気機器
発展科目 後期課程進学の場合は、メカトロ・ロボット応用特論およびメカトロ・ロボット応用演習
教科書、参考書 配布資料
成績評価方法と基準 出席50%、レポート20%、発表30%
オフィスアワー 毎週月曜日14:00--17:30 場所 教員室1階
授業改善への工夫 座学に加え近隣の工作機械メーカ、半導体製造機器メーカなどでの生産見学や討論も交えて、実学的な授業とする。
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 課題
以下1、2などは回数を示す。

<メカトロニクスとモーション制御の歴史>
     1.メカトロニクスの定義と、変遷
     2.モーション制御の概要(理論面と実際面)
<DCサーボ制御方式>
     3.DCサーボモータ駆動制御の基本
<ACサーボ制御方式>
     4.DCサーボモータ駆動制御の基本
<最新のサーボモーション制御技術>
     5.リニアサーボ、ネットワークサーボ
<メカトロ機器・ロボットにおけるサーボモーション制御の実際>
     6.工作機   マシニングセンター
     7.工作機   旋盤
     8.半導体製造 ダイボンダー 
     9.半導体製造 ワイヤボンダー
    10.半導体製造 チップマウンター
    11.射出成型機
    12.HDD
    13.プリンタ
    14.その他
<まとめ>
    15.まとめ
学部や研究室で行う制御理論と、実際の産業における(特にメカトロ分野で行われている)電機制御の実際を対応つけて理解すること。 特に電気系の学生は情報やソフトウエア分野での理解は深いが実際にものを作るための機械系まで含めた理解(生産技術の含む)が不足している。 これに対しては、是非とも同授業を受けて、電機制御理論が産業にどの様に貢献してきたか、今後どの様に生かしていくべきかの知見を得て頂きたいと考えている。

Copyright (c) Mie University