三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

シラバス基本情報

開講年度 2008 年度
科目名 生活
授業科目名・単位数 60-53 期生 A類 技術と生活B 2 単位
担当教員 松本金矢(教育学部技術教育講座)
開講学期・時間割 後期 / 木曜日・5・6時限

授業内容・授業計画

授業形態 講義
授業方法 PBL
授業の目的・概要 生活に密着した技術として,家庭電化製品や身の回りにある機械製品の故障と修理・リサイクルについて学び,こども達に修理の必要性を判断する能力およびものを大切にする心を育む方法について考える.
教科書、参考書 資料,材料は教員が準備します.
成績評価方法と基準 講義中に課される課題およびレポートを総合的に評価します.また,出席も重視します.
その他 PBL教育の形式を取り入れています.
授業計画・学習の内容と課題
学習内容 学習課題(予習・復習)
第1回 説明,目標の確認
第2回 修理経験の共有(発表・討論)
第3回故障の発見と分類
第4回初期不良とメーカー保証
第5回製品の構造(家電製品の分解実習)
第6回製品の構造(発表・討論)
第7回取扱説明書と修理に必要な資格
第8回修理に必要な技術・知識(変形修理と塗装)
第9回修理に必要な技術・知識(電気的故障)
第10回修理の実践(問題発見・修理計画)
第11回修理の実践(修理実習Ⅰ)
第12回修理の実践(修理実習Ⅱ)
第13回修理の実践(報告・発表会)
第14回リサイクルとリユース(調査)
第15回修理に関する授業案(レポート発表)

Copyright (c) Mie University