三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部建築学科 ・専門教育
建築構造
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次
選択・必修 必修
授業科目名 建築力学演習Ⅰ
けんちくりきがくえんしゅうⅠ
Exercises in Structural Mechanics Ⅰ
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 田端千夏子(工学部建築学科)

TABATA Chikako

学習の目的と方法

授業の概要 建築力学Ⅰの内容を習熟するため、演習問題およびレポート課題について解説する。なお、事前に配布される演習問題で予習し、授業後にレポート課題を提出する必要がある。
学習の目的 演習を通じて,静定梁・静定構造物や棒材の応力,変形の算定方法に関する基礎的知識を理解させ,建築力学Ⅰの内容を習熟させる.
学習の到達目標 静定構造物の応力算定および梁の変形など、1級建築士レベルの能力を身に付ける.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴

教科書 建築学テキスト 建築構造力学Ⅰ 静定構造力学を学ぶ(坂田・島崎著,学芸出版社)
参考書 図解入門 よくわかる構造力学の基本(松本慎也著,秀和システム)
成績評価方法と基準 演習問題(10点),レポート課題(30点)および授業時間内に課す試験(60点)の総点より評価を行う.60点以上を合格とする.
オフィスアワー 月曜日12:00-13:00および授業終了後
メールでの質問も可:tabata@arch.mie-u.ac.jp
面会希望の場合は、事前にメール連絡すること。
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 特になし
発展科目 建築力学Ⅱ,建築力学演習Ⅱ,建築力学Ⅲ
授業改善への工夫 授業で使用するプリントは事前に配布し、予習を促す。授業では、演習問題ならびにレポート課題について解説する。
その他

授業計画

キーワード 静定構造物,静定トラス,応力度,ひずみ度
Key Word(s) Statically Determinate Structure, Statical Truss, Unit Stress, Unit Strain
学習内容 1. 建築構造設計と建築力学
2. 静力学の基礎(力の分解・合成の演習)
3. 構造物の支点反力の算定演習
4. 静定トラスの解法(数式解法,軸力の図示)の演習
5. 静定梁の応力算定(M図,Q図の作図法)の演習
6. 静定構造物の応力算定(M図、Q図、N図の作図法)の演習
7. 静定梁・静定構造物(種々な荷重条件,架構形状)の応力算定演習
8. 応力度とひずみ度(微小要素の応力状態,応力度-ひずみ度関係)の算定演習
9. 断面の性質(各種断面モーメント)の算定演習
10. 部材断面の各種応力度の算定演習
11. 梁の変形(弾性曲線による方法)の算定演習
12. 梁の変形(モールの定理による方法)の算定演習
13. 簡単な不静定ばり(連続ばり他)の応力算定演習
14. 簡単な不静定ばり(両端固定ばり)の応力算定演習
15. 総合的練習問題
学習課題(予習・復習) 事前に配布する演習問題で予習し、指定された期日までにレポート課題を提出すること.
ナンバリングコード(試行) EN-ARCH-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University