三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・異文化理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 異文化理解Ⅰ演習(ドイツ語A)b
いぶんかりかいⅠえんしゅう(どいつごA)b
Foreign Studies I Seminar (German A) b
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8時限
1年次生は、「異文化理解Ⅰ演習(ドイツ語A)a」と同じ曜日・時限・クラスで受講してください。
開講場所 「教養教育授業科目時間割表」に記載のとおり

担当教員 「異文化理解Ⅰ演習(ドイツ語A)a」と同じ教員です。ただし、人文学部文化学科のクラスのみ、前期と異なる教員が担当します。

学習の目的と方法

授業の概要 「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)a」に引き続き、ドイツ語圏(ドイツ・オーストリア・スイス)の文化と社会について学びつつ、ドイツ語の語彙や文法を習得します。
学習の目的 「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)a」に引き続き、さまざまな文化的事象や社会的現象等について学ぶことをとおして、ドイツ語圏の文化と社会に対する理解を深めます。
ドイツ語技能検定試験4級に対応する文法事項を習得し、さらに過去形や現在完了形まで学ぶことによって、ドイツ語の基礎的な表現力と読解力を身に付けます。
学習の到達目標 ドイツ語圏のさまざまな社会的事象やその文化的背景について、説明することができる。 
辞書を使って、ドイツ語の平易な文章を読み、書くことができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)a」と同じ教科書を引き続いて使用します。そうでない場合には、クラスの担当教員から説明があります。
参考書 クラスの担当教員が授業中に紹介します。
成績評価方法と基準 クラスの担当教員が授業中に説明します。
オフィスアワー クラスの担当教員が授業中に案内します。
受講要件 「異文化理解 I 基礎(ドイツ語A)b」と「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)b」を、指定されたクラスで、それぞれ週1回ずつ受講してください。「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)a」を履修していない学生は、この科目を受講することができません。
予め履修が望ましい科目 「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)a」を必ず履修していること。
発展科目 2年次で、「異文化理解 II 演習(ドイツ語A)」と「異文化理解 II 総合(ドイツ語A)」を履修してください。
会話を学びたい人は、人文学部専門科目「ドイツ語会話B」を履修してください。
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード ドイツ語とドイツ文化の初歩を総合的に学習します。
Key Word(s)
学習内容 「異文化理解 I 演習(ドイツ語A)a」に引き続いて、ドイツ語圏(ドイツ、スイス、オーストリアなど)の文化やものの見方、生活の仕方、社会現象、歴史的事件などについて、教員の説明や、授業中に出される課題などをとおして学びます。
文化の学習と同時に、ドイツ語の基礎的な読解練習と文法練習も行います。文法や語彙については、ドイツ語技能検定試験4級に対応する内容を11月前半までに習得することを目安とし、11月後半以降に初級ドイツ語の残りの範囲(過去形や現在完了形など)を学びます。
学習課題(予習・復習) クラスの担当教員が指示します。
ナンバリングコード(試行) LIFORS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University