三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部情報工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 中級プログラミング及び演習
ちゅうきゅうぷろぐらみんぐおよびえんしゅう
Intermediate Programming and Exercise
単位数 3 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 5, 6, 7, 8時限
開講場所 工学部指定教室・情報棟 電算演習室

担当教員 大野和彦(工学部情報工学科), 佐々木敬泰(工学部情報工学科), ニワット(工学部情報工学科)

OHNO Kazuhiko, SASAKI Takahiro, Niwat Thepvilojanapong

学習の目的と方法

授業の概要 「プログラミング基礎及び演習」で学んだC言語の基礎知識を基にして、より詳細なC言語の文法、及び、基本的なアルゴリズムを含めた実践的なプログラミングについて深く学修する。具体的には、文法では、データ型、型変換、ポインタ、関数、構造体、共用体など、プログラミングでは、ファイル処理や線形リストなどの基本データ構造の利用について学ぶ。
なお、詳細な実施予定は第1回目の授業で説明する。
学習の目的 C言語に関するより深い知識と技術を修得し、演習や実験において、実践的なプログラミングが行えるようになる。
学習の到達目標 C言語を用いた基本的なプログラミングができるようになる。
とくに、構造体、ポインタ、文字列操作、ファイル操作に関して、基本的なプログラムを作成したり、他者が作成したプログラムを理解できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書
参考書 明解C言語第1巻入門編(柴田望洋,ソフトバンク)
明解C言語別巻実践編(柴田望洋,ソフトバンク)
明解C言語第1巻入門編 例解演習(柴田望洋,ソフトバンク)
秘伝C言語問答 ポインタ編 第2版(柴田望洋,ソフトバンク)
ANSI C/C++ 辞典(平林雅英、共立出版)
C言語による最新アルゴリズム事典(奥村晴彦、技術評論社)
成績評価方法と基準  講義への出席は成績に含めないが、例年の傾向を見ると、出席していない学生は授業内容の理解度が低く単位を修得できない傾向があるので、出席することを強く勧める。
 毎週出題する演習をすべて解き、ウェブページの指示に従って結果を報告しなければならない。
 評価は、演習(30点)、定期試験(70点)の総計100点で行い、総計点数/10を四捨五入して最終成績とし、最終成績6以上を合格とする。
 ただし演習において、課題の期限内提出が7割以下のもの、出席が7割以下のもの、第12~15回のプログラミングコンテストに1回でも無断欠席したものは無条件で不合格(0点)とする。
オフィスアワー 後期月曜日5時限に,情報工学科棟5階大野教員室にて対応。
電子メールによる受け付け可,E-mail:ohno@cs.info.mie-u.ac.jp。
受講要件 既に「プログラミング基礎及び演習」でC言語の基礎を学んでいるので、本科目ではC言語に関する基礎的知識(書式、変数・定数の扱い、計算式、制御文、一次元配列など)を有することを前提とする。
予め履修が望ましい科目 「プログラミング基礎及び演習」
発展科目 「計算機言語論 II」
「上級プログラミング演習 I・II・III」
「情報工学実験 I・II」
授業改善への工夫 毎週行う演習で提出した課題は採点結果を学生にフィードバックすると同時に、学生の修得レベルを把握して以後の授業および演習課題に反映させる。
その他

授業計画

キーワード C言語,プログラミング
Key Word(s) C, programming
学習内容 第1回 オブジェクトの初期化(概論、マクロ、初期化、演習)
第2回 データ型(型のまとめ、列挙型、ユーザ定義型の宣言、型変換、演習)
第3回 ポインタ(ポインタ概説、ポインタと変数、ポインタと配列、演習)
第4回 ポインタ(動的オブジェクト、ポインタと文字列、ナル、演習)
第5回 関数(関数、関数原型宣言、関数へのポインタ、コマンドライン引数、可変個引数、演習)
第6回 構造体と共用体(構造体、メンバ、境界調整、共用体、演習)
第7回 ファイル処理(ストリーム、テキストファイル、入出力関数、演習)
第8回 ファイル処理(テキストとバイナリ、バイナリファイル、入出力関数、演習)
第9回 スタック・キュー(構造、エラー処理、演習)
第10回 線形リスト(線形リストの構造・実現、演習)
第11回 分割コンパイルとGUIプログラミング(分割コンパイルの仕方、グラフィックスライブラリを用いたプログラミング演習)
第12回 課題型演習
第13回 課題型演習
第14回 課題型演習
第15回 課題型演習 発表会
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習) 毎週、授業の後半を演習に充て、講義内容の理解を深めるようにする。
また、最後の数週間を使用して、学んだことの復習として、課題型の演習を実施する。
ナンバリングコード(試行) EN-CMPS-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University