三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 共生環境学科・地球環境システム学教育コース
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 選択必修
教育コース選択必修:環境情報プロ指定科目
授業科目名 環境系電気・電子工学
かんきょうけいでんき・でんしこうがく
Electronic Engineering
単位数 2 単位
受講対象学生 共生環境学科・環境情報システム工学講座
環境情報プロ指定科目
選択・必修 必修
講座必修
授業科目名 環境系電気・電子工学
かんきょうけいでんき・でんしこうがく
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 鬼頭 孝治(教養教育機構)

KITO Koji

学習の目的と方法

授業の概要 現在,環境系,生物系分野においてもコンピュータを含む電気・電子の知識が必要とされている.本講義は電磁気学とコンピュータに係わる電子回路の基礎の習得を目標として教科書を用いて平易に解説する.
学習の目的 電気・電子に関する現象,性質,特性を理解し,基本的計算ができるようになる。
学習の到達目標 1)電気と磁気の関係を説明できる.2)抵抗,コンデンサ,コイルの基本的性質を説明できる.3)電気回路の規則と記号を説明できる.4)直流と交流の違いを説明できる.5)インピーダンスが説明できる.6)キルヒホッフの法則を使うことができる.7)電子素子と論理回路について説明できる.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
「環境情報システム学プログラム(JABEE)」の学習・教育目標の(E-6)に対応している.

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 電気・電子概論,伊理正夫/監修,実況出版(生協他にて購入し,1回目の授業に持参すること)
参考書
成績評価方法と基準 レポート20%,試験70%,授業アンケート10%.(合計60%以上で合格).欠席4回以上は不合格とする.
オフィスアワー 毎週水曜日12:00~13:00,412室
受講要件 なし
予め履修が望ましい科目 なし
発展科目 環境電子計測学,基礎メカトロニクス
授業改善への工夫 授業アンケートや章ごとのレポートにより,理解度をチェックし,次週にフォロー,授業改善等を行う.
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
レポートは,質問票を兼ねるので,疑問が在れば書くこと.回答も個別に行うが,間違いの多い問題や質問については,講義の前に解説する.自分なりのノートを作るように心がけること.

授業計画

キーワード 電流,磁気,直流,交流,電気回路,電磁気,半導体,電子回路,コンピュータ,CPU,論理回路
Key Word(s) current, magnetism, direct current, alternating current, electric circuit, electromagnetism, semiconductor, electronic circuit, computer, CPU, logic circuit
学習内容 第1回:授業方針の説明,電気回路,オームの法則
第2回:複雑な電気回路,抵抗の性質
第3回:電流の熱作用と電力
第4回:磁石とクーロンの法則,電流による磁界
第5回:電磁力と直流電動機
第6回:電磁誘導と直流発電機
第7回:静電気,コンデンサ
第8回:理解度試験および解説
第9回:交流の基本的取り扱い
第10回:交流回路
第11回:交流電力,力率改善
第12回:半導体,ダイオード
第13回:トランジスタ,増幅回路,半導体素子
第14回:IC,論理回路,2進数と16進数
第15回:ディジタル集積回路,いろいろな論理回路
第16回:定期試験および解説
学習課題(予習・復習) 毎回しっかりと復習し,レポートの問題を解くことで習得度合いを確認すること.
ナンバリングコード(試行) BO-AGEN-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University