三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修
授業科目名 日本経済論演習
にほんけいざいろん えんしゅう
Seminar in Japanese Economy
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間 木曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 森 久綱(人文学部)

MORI,Hisatsuna

学習の目的と方法

授業の概要 持続可能な経済発展において如何なる課題が存在しているのか。「食料・農業」及び「資源循環・環境保全」の観点から日本経済発展の枠組みを再考することで、この問題への接近を図ることを目的とする。また、知識及び理論的枠組の習得のため、論文等の解説・検討だけでなく、テーマに応じてフィールドワークを実施する。
学習の目的 持続可能な経済システムのあり方についての基礎的理解及び批判的考察力の習得
学習の到達目標 現代日本経済における問題の発見、批判的検討を行うための知識や理論的枠組みの修得
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書 学生の問題意識や関心にあわせて選択したい。ゼミ開始時期に希望調査を行ったうえで決定する。
参考書
成績評価方法と基準 ゼミナールでの報告、質疑、討論の内容で評価する
オフィスアワー 毎週木曜日演習終了後, 人文学部専門校舎5F518研究室
受講要件 本演習のテーマに関心を持っていること
予め履修が望ましい科目 日本経済論,日本経済論特論
発展科目
授業改善への工夫 設定したテーマについての具体的イメージを得るために各種映像資料等を用いる。
また、問題についての理解を深めるために、必要に応じて施設見学及びヒアリング調査等のフィールドワークを行う。
その他

授業計画

キーワード 持続可能な経済発展のための、「食料・農業」及び「資源循環・環境保全」のありかたについて、日本経済発展の枠組みを踏まえて考える。
Key Word(s) Agriculture, Environment
学習内容 基本的にテーマは学生の関心に基づいて決定するが、下記のテーマを予定している。また、決定したテーマについて前後期ともそれぞれ15回の報告・討論を行う(企業訪問・工場見学を実施する場合は報告・討論と代替する)。

1.日本経済と環境問題を考える
京都議定書の締結・発行、容器・包装、食品、家電、自動車etcに関するリサイクル法の制定・施行に代表されるように、国内外を問わず環境に関しての様々な法制度が整備されつつある。これらは、最近における環境問題の顕在化を背景としており、従来の「大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とした経済発展」の枠組みから、「物質循環に基づく持続可能な経済発展の枠組み」への転換を迫るものである。そこで、「物質循環に基づく持続可能な経済発展の枠組み」とは何か、日本における経済発展の枠組みのそれへの転換において何が問題となるのか等について考えていきたい。

2.日本経済と食料・農業問題を考える
日本の食料自給率は、先進諸国において最低の水準にある。政府は2010年までに45%へ
と引き上げることを目標として諸政策を実施してきたが、事態が好転することなく今日に
至っている。中国等における経済発展にともなう食料需要増大、途上国における人口爆発
と飢餓の拡大、地球温暖化による生態系の変化等の要因によって、今後、食料・農業を巡
る問題はますます深刻化するものと考えられる。そこで、日本の食料自給率が低下してき
た要因、この低さには如何なる問題があるのかということに関して、日本経済発展の論理
と関連させながら考えていきたい。
学習課題(予習・復習) 演習内でテーマが決定され次第、テキスト及び予・復習について説明する予定である。
ナンバリングコード(試行) HU-ECON-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University