三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 アメリカ地誌演習C
あめりかちしえんしゅう
Seminar of American Geography C
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 アメリカ地誌演習C
あめりかちしえんしゅうしー
Seminar of American Geography C
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HUCLTR3

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

前期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 中川 正

NAKAGAWA, Tadashi

学修の目的と方法

授業の概要 アメリカの現代的課題に関するトピックを取り上げ、グループでミニ論文を作成することを通して、自ら卒論のための研究課題を設定し、研究する素養を身につける。
学修の目的 学生は、自らのアメリカ地域に関する関心を、社会科学的手法を用いてオリジナルな研究にするきっかけをつかむことができる。
学修の到達目標 この授業を履修することにより、学生は以下のことができるようになる。
①アメリカの現代的課題を通して、アメリカ社会の仕組みを自ら学習することができる。
②グループで課題を設定し、論文を作成することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

グループワークを通したプロジェクト遂行を通して、コミュニケーション力を養いながら、課題発見力(感じる力)、思考の深化と解決(考える力)を養う

成績評価方法と基準 毎回のムードル投稿 40点 グループ発表成果 30点 各自の学習課題評価 30点
授業の方法 演習

授業の特徴

PBL

問題提示型PBL(事例シナリオ活用含)
問題自己設定型PBL
プロジェクト型PBL
実地体験型PBL

特色ある教育

Moodleを活用する授業

英語を用いた教育

授業改善の工夫 e-learningの利用をさらに充実させる
教科書 『大学生のためのレポート作成ハンドブック』三重大学共通教育センター
参考書 中川正・森正人・神田孝治(2006)『文化地理学ガイダンスー当たり前を読み解く三段活用ー』ナカニシヤ出版、2400円.
オフィスアワー 毎週火12:30~13:30 場所 教養教育2号館307研究室
受講要件 前後期(アメリカ地誌演習CとD)をセットで履修することがのぞましい。
予め履修が望ましい科目 アメリカの風土と地誌、文化環境論
発展科目 文化環境論
その他 小グループのグループワークをするので、無断欠席や遅刻はしないように。

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード アメリカ研究の実践
Key Word(s) Practicing American Studies
学修内容 第1回 ガイダンス
第2回~3回 課題の発見
第4回~5回   課題のためのデータ収集
第6回~10回  課題のための分析
第11回~13回 批判的検討とレポート作成
第14回~15回 課題のプレゼンテーションとリフレクション
事前・事後学修の内容 最初は、問題発見のための課題、レポート作成のために必要なインターネット利用の批判的利用の課題、および参考文献のリストアップの課題を与える。その過程で、小グループの研究の焦点を定める。
毎回、教科書を読んで感想をムードルに投稿する課題がある。

Copyright (c) Mie University