三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 英語学演習F
えいごがくえんしゅうえふ
English Seminar F
単位数 2 単位
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 英語学演習F
えいごがくえんしゅうえふ
English Seminar F
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HUCLTR2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

後期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 吉田悦子

YOSHIDA, Etsuko

学修の目的と方法

授業の概要 自然な話しことばを相互行為として捉える文法研究(Usage-based approach, Construction Grammar, Dialogic Syntax)の理論と実践を通して、文法の多重性を明らかにする。とりわけ、話しことばと書きことば、ジャンルやスタイルの違いを分析しながら、ことばの表層的なバリエーションや語用論的側面に注目する。そして、こうした言語使用に見られる多様性が文法構造の本質にかかわる問題であることを議論する。
学修の目的 日常言語を観察し、話しことばと書きことば、ジャンルやスタイルの違いについて理解し、ことばの表層的なバリエーションや語用論的側面から文法の多重性について分析したり、考察することができるようになる。
学修の到達目標 前期の英語文献講読に基づき、研究テーマを決め、短い論考をまとめるプロセスを実践する。
授業はPBL方式でテーマごとに小グループを立ち上げ、共同作業と意見交換をしながら、テーマ内容を深めることができる。
自然発話データを具体的に分析したり、説明したりして、各自で立てた研究テーマに沿って短い論考を仕上げることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 授業参加・発表50%
PPTによる研究課題の発表 25%
研究課題ペーパーの提出 25%
授業の方法 演習

授業の特徴

PBL

特色ある教育

その他、能動的要素を加えた授業(ミニッツペーパー、シャトルカードなど)

英語を用いた教育

授業改善の工夫 授業の中で協働作業へのサポートがやや足りないところがあったので、授業の経過に応じて、分析のアドバイスをするなど具体的な指導を行うように心がける。
教科書 なし
参考書 「留学生と日本人学生のためのレポート・論文表現ハンドブック」二通信子他著、2009、東京大学出版会
オフィスアワー 原則として火曜日3・4限(個別に相談応)
受講要件 言語科学概論B
予め履修が望ましい科目 言語科学概論B、言語科学論A
発展科目
その他 参考書については、授業内容に応じて必要な章や演習問題をプリントで配布します。

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 意味論、語用論、用法基盤文法、談話分析、言語データの分析と理論の検証、
卒業研究のテーマ設定、研究アプローチ
Key Word(s) Semantics, Pragmatics, Usage-based Grammar, Discourse Analysis
学修内容 演習スケジュール:

[後期]
第1回 :オリエンテーション (論文の構成と基本的手順について)
第2回 :文献収集と文献整理の方法について (基本文献と専門文献の区別)
第3回 :海外文献検索講習会 (付属図書館Web-フロンティア)2F
第4回:先行研究と研究テーマのすり合わせ(文献が適切に選択されているか)
第5回:先行研究のまとめ方発表 (各自が整理した内容を発表する)
第6回 :仮説の設定(研究の方向性を決める)
第7回 :言語データの収集(データの種類や規模、収集方法を議論)
第8回 :分析の方法(どんな方法でデータを分析するかを議論)
第9回 :結果と考察(分析結果の提示の仕方およびそれに基づく考察の方向性を決める)
第10回:結論(全体をまとめる方法)
第11回:発表資料の作成(プレゼンテーションとして研究をまとめる)
第12回:発表会・前半(4年生)
第13回:発表会・後半(2、3年生)
第14回:質疑応答のまとめ(フィードバックシートに基づく振り返り)
第15回 リサーチ・ペーパーのまとめ方(1) スタイルシートと引用、参考文献。
第16回 リサーチ・ペーパーのまとめ方(2)  全体の構成と文章表現、提出方法。
事前・事後学修の内容 演習で扱う論文や参照文献は適宜指示する。自分の研究テーマに沿った短い論考の準備を行う。
卒業論文作成の方法、進め方、深め方についても、進捗状況を報告してもらい、共に議論する。

Copyright (c) Mie University