三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科 ・基礎看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
看護学科2年次前期に履修
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 看護病態学Ⅲ(薬理学)
かんごびょうたいがくさん やくりがく
Pathophysiology in Nursing Ⅲ(Pharmacology)
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 5, 6, 7, 8時限
開講場所 看護学科 第一講義室

担当教員 伊藤浩子

ITO Hiroko

学習の目的と方法

授業の概要  今日、薬害問題が注目されている。そこで薬物の効果、作用機序、薬物動態、副作用を理解させ、薬を正しく用いられるよう解説する。
 薬物が人体や動物あるいは微生物にどのように働くか、どのような効果が現れるのか(薬理作用の研究)、薬物がどのように効くのか(薬物の作用機序の研究)、薬物がどの程度、体内に取り込まれ(薬物の吸収)、体内でどのような運命をたどり(薬物の代謝・分布)、体外へ出て行くのか(排泄)、また薬物の毒性(中毒学)や副作用などについて講義する。
学習の目的 学生が,さまざまな薬物の知識を得ることができるようになる.
学習の到達目標 受講学生が,処方された薬,市販薬,その他の薬剤の分類,期待される効果,安全性,副作用,相互作用など注意点の知識を,文献,資料(含むInternet)から得ることができ,必要な対象者に内容の概略を説明できるようになる.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 系統看護学講座 専門基礎分野(疾病のなりたちと回復の促進3) 薬理学 (吉岡
光弘 他2名) 医学書院
参考書 コメディカルのための薬理学 第2版 ( 渡邉泰秀、樋口マキヱ )  朝倉書店
成績評価方法と基準 筆記試験(70%)、授業態度(20%)、レポート・課題(10%)
オフィスアワー 連絡窓口教員:成田有吾 木曜日12:00~13:00
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 「薬について正しい知識を身につけさせる」
Key Word(s)
学習内容 学習内容
 ①薬理学総論
 ②抗感染症薬
 ③免疫治療薬
 ④アレルギー・抗炎症薬
 ⑤末梢神経作用薬
 ⑥中枢神経作用薬
 ⑦心臓・血管系作用薬
 ⑧呼吸器・消化器・生殖器系作用薬
 ⑨物質代謝に作用する薬
 ⑩抗がん薬
 ⑪外用薬
 ⑫救急薬
 ⑬漢方薬
 ⑭検査・診断薬
 ⑮総合学習
 ⑯試験
学習課題(予習・復習)  授業中に重要なポイントを解説するので、特に復習を重点的にしてください。
ナンバリングコード(試行) MD-NFUN-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University