三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部分子素材工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
授業科目名 生物化学 B
せいぶつかがくびー
Biochemistry B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 冨田 昌弘(工学部分子素材工学科)、湊元 幹太(工学部分子素材工学科)

TOMITA, Masahiro; TSUMOTO, Kanta

学習の目的と方法

授業の概要 生命現象の基礎を化学の言葉を用いて分子レベルで理解することを目的とし、その中で、遺伝子工学を取り上げ、生体物質の特徴および生体機能の精妙さを学ぶ。
学習の目的 生命現象の基礎を分子レベルで理解することを目的とする。
学習の到達目標 生物化学に関する基礎知識の習得。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 ヴォート基礎生化学(東京化学同人)
参考書 ヴォート生化学 上・下(東京化学同人)
成績評価方法と基準 出席20%、授業への積極的参加10%、期末試験70%
オフィスアワー 前期 毎週月曜日12:00~13:00、第1合同棟4階 7412室(冨田)、7408室(湊元)
受講要件
予め履修が望ましい科目 生物化学 A、生物化学演習 A
発展科目 生物工学、生体材料化学
授業改善への工夫 学生の授業評価アンケートの結果に基づき改善する。
その他 高校理科免許取得者必須:分子素材工学科、物理工学科

授業計画

キーワード 核酸、複製、修復、組換え、転写、翻訳、遺伝子発現の調節
Key Word(s) Nucleic acid, Replication, Repairt, Recombination, Transcription, Translation, Regulation of gene expression
学習内容 第1回  核酸の基礎について習得する。DNAおよびRNAの
     構成要素、構造およびその機能について学ぶ。
第2回  核酸の構造およびDNAからmRNAを経由してタン
     パク質が合成されるセントラルドグマについてその概
     略を学ぶ。
第3回  DNA複製におけるリーディング鎖とラギング鎖(岡
     崎フラグメント)の複製原理について学ぶ。
第4回  DNA修複機構について学ぶ。
第5回  組換えDNA技術に基づき、制限酵素を用いてベ
     クター(例えばプラスミドベクター)に目的遺伝子を
     組み込む方法について習得する。
第6回  DNAからmRNA(伝令RNA)を合成する転写に
     おける制御領域(プロモーター領域)および転写終結
     について学ぶ。
第7回  RNAプロセッシングでおけるスプライシング機構お
     よびキャップ構造、ポリAテールについて習得する。
第8回  遺伝子暗号、転移RNAとアミノアシル化に関して学
     ぶ。
第9回  リボソームと翻訳について学ぶ。
第10回 原核生物の遺伝子発現調節の1つであるオペロン説に
     ついて習得する。
第11回 真核生物と原核生物のDNA、RNAおよびタンパク
     質合成の相違について学ぶ。
第12回 機能性タンパク質について習得する。
第13回 人工細胞であるリポソームについて学ぶ。
第14回 抗体の構造、ポリクローナル抗体、モノクローナル抗
     体および抗体の多様について学ぶ。
第15回 第1回から第15回までのまとめ
第16回 定期試験(期末試験)
学習課題(予習・復習) 授業前、授業後に、教科書の関連する章節を読み、要点の把握に努める。章末問題は、積極的に解いてみる。
ナンバリングコード(試行) EN-ORBI-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University