三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 工学研究科(博士後期課程)材料科学専攻
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次
選択・必修
授業科目名 生物材料機能設計演習
せいぶつざいりょうきのうせっけいえんしゅう
Seminar in Biofunctional Materials
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間
開講場所

担当教員 湊元 幹太(工学研究科材料科学専攻)

TSUMOTO, Kanta

学習の目的と方法

授業の概要 生物材料の機能に関連する分野における最新の重要原著論文、総説論文、その他文献を紹介し、批評・討論する。また、細胞工学、遺伝子工学等の実験技術の実際を学ぶ。
学習の目的 生物材料、生物化学、分子生物工学等に関する知識を広く習得するとともに、自身の研究にどう活かせるか、議論する。
学習の到達目標 文献紹介を通じて、生物材料の機能に関連する最新の情報および遺伝子工学、細胞工学の実際を習得できる。研究報告も行うことで、自身の研究の位置づけを再確認するとともに新しい戦略等の考案に活かせる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書
参考書 細胞の物理生物学(Rob Phillips他、共立出版)、生物物理学(大木和夫・宮田英威、朝倉書店)、ヴォート 生化学(上・下)、生化学辞典(第4版)、分子細胞生物学辞典(第2版)、Essential 細胞生物学
成績評価方法と基準 発表・質疑応答 60%、理解度40%
オフィスアワー 原則、毎週月曜日12:00~13:00 第一合同棟7408号室ですが、随時対応します。
受講要件 なし
予め履修が望ましい科目
発展科目 生物材料機能設計特論
授業改善への工夫 授業アンケートをもとに適宜改善していく。
その他

授業計画

キーワード 生物材料、遺伝子工学、細胞工学、生体分子システム、生物化学、分子生物学、分子生物工学
Key Word(s) Biomaterials, Gene Engineering, Cell Engineering, Biomolecular Systems, Biochemistry, Molecular Biology, Molecular Bioengineering
学習内容 キーワードに関連する最新論文の紹介等を通じた知識の修得をはかる。
第1回~第5回 生物材料の基礎および最新知見に関する文献調査
第6回~第10回 遺伝子工学の基礎および最新知見に関する文献調査
第10回~第15回 細胞工学の基礎および最新知見に関する文献調査
第16回~第20回 生体分子システムの基礎および最新知見に関する文献調査
第21回~第30回 バイオ関連の学際的課題に関する文献調査
事前・事後学修の内容 ・日常的に最新の原著論文・総説論文チェックを通して、自身の研究に関連性のある文献を選び出し、読むようにする。また、とくに自分に関係する、関心のあるテーマについては、継続的に文献調査を行っていく
・文献調査を通じて、世界的な潮流を知り、現時点の知見を整理する。さらに、現在未知である事柄を把握し、新たな研究課題を提起できるよう、議論を深める
・文献調査を過去にさかのぼって行うことにより、研究の源流(オリジナリティ)を意識し、また、その後の展開の経過を知ることで、研究の発展のしかたをイメージする
・論文の調べ方は附属図書館のHPを参考にする
ナンバリングコード(試行) EN-ORBI-7

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University