三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部情報工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 電気回路
でんきかいろ
Electrical Circuit Theory
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 大下 昭憲

学習の目的と方法

授業の概要 抵抗、コイル、コンデンサーからなる基本的電気回路の定常的および過渡的ふるまいを理解するとともに、電気回路の解析に必要な基本的な法則・定理を学習し、演習により基本的な電気回路の解析法を習得する。
学習の目的
学習の到達目標 抵抗、コイル、コンデンサーからなる基本的電気回路の定常的および過渡的ふるまいの計算ができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 電気回路(著者 大下真二郎、共立出版)
参考書 参考書:電気回路演習(上)(下)(著者 大下真二郎、共立出版)
成績評価方法と基準 出席は必要条件であり、7割以上出席した者を単位授与の対象者とする。
評価は演習・レポート(30点)、中間試験(20点)、定期試験(50点)の総計100点で行い、総計点数/10を四捨五入して最終成績とし、最終成績6以上を合格とする。
オフィスアワー 電子メールによる受け付け可能
受講要件
予め履修が望ましい科目 「基礎線形代数学 I」、「基礎線形代数学 II」、「基礎微分積分学 I」、「基礎微分積分学 II」、「工業数学 I」
発展科目 電子回路
授業改善への工夫 ・教科書の重要箇所を指摘し、必ずチェックするように指導している。
・毎回、授業の初めに、前回の授業における重要事項の再確認を行っている。
・理解しているかどうかを確認するためおよびプレゼント能力を養うために授業中にできるだけ多く質問を行っている。
・演習の解答が不十分な学生には個別指導を実施している。
・講義の最終回に授業に関するアンケート調査を実施し、学生諸君から出た要望をその後の講義に反映させている。
その他

授業計画

キーワード
Key Word(s)
学習内容 第1回 講義の概要説明
・第1章 電圧、電流、抵抗
(電流、電圧、電源、Ohmの法則、コイルとコンデンサーの働き、
電源の内部抵抗)
第2回
・第2章 直流回路
(Kirchhoffの法則、抵抗接続、分流・分圧の法則、直流電力)
第3回
・第3章 正弦波交流
(正弦波交流の定義、実効値、位相差、抵抗回路)
第4回
・第3章 正弦波交流
(インダクタンス回路、キャパシタンス回路)
第5回
・第3章 正弦波交流
(RLC直列回路、インピーダンス、リアクタンス、瞬時電力、
平均電力、力率、有効電力、無効電力)
第6回 中間試験
第7回
・第4章 ベクトル記号法
(複素電圧、複素電流、複素インピーダンス、アドミッタンス)
第8回
・第4章 ベクトル記号法
(インピーダンスとアドミッタンスの直列および並列接続、
基本回路の電圧電流特性)
第9回
・第5章 交流回路
(RL回路、RC回路、RLC回路、共振回路、共振の鋭さ)
第10回
・第5章 交流回路
(相互誘導回路、ブリッジ回路)
・第6章 線形回路の基本法則
(重ね合わせの理、鳳テブナンの定理、ノートンの定理)
第11回 
・第8章 多相交流
(3相交流、Y結線,△結線、回転磁界)
・第9章 Fourier変換と波形解析
(ひずみ波のFourier級数展開、ひずみ波の実効値と電力)
第12回 
・第10章 過渡現象
(一般解、定常解、過渡解、直流および交流回路の過渡現象)
第13回 
・第11章 Laplace変換(定義と主要法則)
・第12章 Laplace変換による過渡現象解析
第14回
・第7章 2端子対回路(回路の各種表現形式)
第15回 総まとめ
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) EN-EBSC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University