三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・生活科に関する科目
科目名 小学校の教科に関する科目 生活
しょうがっこうのきょうかにかんするかもく せいかつ
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
~68 期生
※前期には、 生活教材研究Cを履修してください。
卒業要件の種別 必修
AⅠ類・AⅢ類(小学校基礎免)の学生の必修科目です。
AⅡ類(62期生以前)・AⅣ類の学生の選択必修科目です。
授業科目名 小学校専門生活C
しょうがっこうせんもんせいかつしー
Art of Living for Elementary School C
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 宮岡邦任、岡野昇、関俊一、松本金矢、小畑真理子、中西正治(教育学部)、笹野恵理子(非常勤講師)

学習の目的と方法

授業の概要 生活科の教育目標・内容方法について、生活科に関わるさまざまな領域の事例に触れることで、その理論的・実践的な理解をはかる。
学習の目的 生活科に関わる様々な領域に触れることで、教科としての生活科の特徴を理解する。
学習の到達目標 生活科の教育目標・内容と自身の学習内容を系統的に結びつけ、理論,実践の両側面から生活科を俯瞰することができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 準備物はガイダンスおよび授業中に指示する。教育現場で使用している教科書は、学修サポート室で閲覧可。
参考書
成績評価方法と基準 各回を担当する教員の評価を総合して判断する。
オフィスアワー 代表 宮岡 邦任 miyaoka@edu.mie-u.ac.jp 火曜日14:40~16:10,教育学部2号館宮岡研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 学籍番号順のクラス分けとし、異なる講座の学生間で意見交換ができるように配慮した。
その他 学籍番号によるクラス分けを行う。原則として、前期に「生活教材研究C」を受講した学生を対象とする。

授業計画

キーワード 生活科,教科内容
Key Word(s) Living Environment Studies,curriculum content,educational material
学習内容 第1回 10/3 宮岡 ガイダンス・身近な地域の環境マップ①フィールドワークを体験する
第2回 10/10 宮岡 身近な地域の環境マップ②地図の作成
第3回 10/17 宮岡 身近な地域の環境マップ③発表と教科専門の必要性の確認
第4回 10/24 岡野 自然・季節とのかかわり①―視覚を中心として―
第5回 11/7 岡野 自然・季節とのかかわり②―聴覚を中心として―
第6回 11/14 岡野 自然・季節とのかかわり③―触覚を中心として―
第7回 11/21 関 紙切りで昆虫をつくる①下書きをたよりに紙を切る練習
第8回 11/28 関 紙切りで昆虫をつくる②下書き無しで色画用紙を切る
第9回 12/5 関 紙切りで昆虫をつくる③台紙にレイアウトを考える
第10回 12/12 笹野 「音」環境から考える生活科の指導構想①「サウンドスケープ」について考える
第11回 12/19 笹野 「音」環境から考える生活科の指導構想②「サウンドエデュケーション」について考える
第12回 1/9 松本 モノとの出会い
第13回 1/16 小畑 音で遊んでみよう
第14回 1/23 中西(正) 「ヘキサフレキサゴン」「ブーメラン」
第15回 1/30 宮岡 ふりかえり・レポート作成
事前・事後学修の内容 各担当教員からの指示に従うこと
ナンバリングコード(試行) ED-LIFE-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University