三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修
授業科目名 刑事訴訟法演習
けいじそしょうほうえんしゅう
Seminar on Criminal Procedure and Criminal Justice
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間 火曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 伊藤 睦(人文学部社会科学科)

ITO Mutsumi

学習の目的と方法

授業の概要 刑事訴訟法の基本原則を理解し、その原則に照らして本来到達すべき手続の在り方とはどういうものか、それに対して刑事訴訟の現状がどのような問題を孕んでいるかを把握した上で、自分なりの解決策を探求してもらいたい
学習の目的 刑事訴訟の現状と基本原則を正しく理解する。刑事手続に関わる様々な問題に関して主体的に考え、法的な知識を用いながら自らの意見を表明する力を身につける。
学習の到達目標 刑事裁判と冤罪事件についての正しい知識を得る。模擬裁判、冤罪事件の現地調査・報告会等を通じて、刑事裁判の資料を読み解く力と、そこで得た知識を情報として発信する力が身につく。また、他人と協働する力、コミュニケーション力も身に付く。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL

教科書 特に指定しない
参考書 授業の中で指示する。刑事裁判の原資料も用いることがある。
成績評価方法と基準 報告の内容と議論への参加状況により評価します。
オフィスアワー (前期)毎週火曜日5~6時限目
(後期)毎週火曜日3~4時限目
人文学部棟4階伊藤研究室
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 刑法総論、刑法各論
発展科目 刑事訴訟法、刑事政策、少年法
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 刑事手続における現代的課題
Key Word(s) wrongful conviction
moot court
学習内容  前半
  冤罪事件現地調査の事前準備及び実施
  模擬裁判シナリオ作成
  裁判傍聴、検察庁見学、刑務所見学、少年院見学等
 刑事司法の現状と問題点について実践的に学ぶ


 後半
  他大学との合同ゼミ(前半の勉強の成果報告を兼ねる)
  個別報告
 刑事裁判をめぐる課題について、様々な角度から検討を加える。

 なお、個別報告では、各自の関心に合わせて、刑事訴訟法上の論点に限らず、少年法、刑事政策上の論点(犯罪被害者、触法精神障害者、死刑問題)や犯罪報道等に関するものなどの中から、自由にテーマを選択して頂きます。 

  
学習課題(予習・復習) 詳細は最初の講義の際に説明する
ナンバリングコード(試行) HU-PULA-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University