三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部電気電子工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択
選択科目
授業科目名 アルゴリズムとデータ構造
あるごりずむとでーたこうぞう
Algorithms and Data Structures
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 3, 4時限
開講場所 総合情報処理センター第4教育端末室

担当教員 高瀬 治彦(工学研究科電気電子工学専攻)

TAKASE, Haruhiko

学習の目的と方法

授業の概要 ひととおりプログラムが書ける人を対象に,次の段階として,コンピュータソフトウエア技術の基礎としてのアルゴリズムとデータ構造を学ぶ。これにより,高性能なソフトウエアを作成するために必要な技術や知識を修得する。内容としては,アルゴリズムの性能の評価法である計算量の概念,各種データ構造,各種探索・ソートのアルゴリズムのJava言語による実装,および,それらの応用法について学ぶ。
学習の目的 この講義では,さまざまなアルゴリズムを学ぶことで,与えられた問題を効率よく解決するプログラムを作成できるようになることをめざす。
この結果,基本情報処理技術者試験のJava言語の問題をある程度解けるようになることをめざす。
学習の到達目標 この講義の主要な目標は,次の2点である。
・問題に応じた適切なデータ構造・アルゴリズムを選択できるようになる。
・選択したデータ構造・アルゴリズムをもとに,プログラムを作成できるようになる。

★学習・教育目標:「基礎知識と専門知識」の修得,「デザイン能力・ものづくり能力」ための基礎作り.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
学習・教育目標との関連(達成度点検シートの重み):基礎・専門知識(0.8),自主的継続的学習能力(0.1),制約下での仕事(0.1)

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 Moodle

教科書 プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造 第2版 (紀平拓男・春日伸弥,ソフトバンククリエイティブ)
参考書 アルゴリズムイントロダクション第3版 第1巻 (T.コルメン・C.ライザーソン・R.リベスト・C.シュタイン,近代科学社)
アルゴリズムイントロダクション第3版 第2巻 (T.コルメン・C.ライザーソン・R.リベスト・C.シュタイン,近代科学社)
アルゴリズムイントロダクション第3版 総合版 (T.コルメン・C.ライザーソン・R.リベスト・C.シュタイン,近代科学社)
プログラミングコンテスト チャレンジブック (秋葉拓哉・岩田陽一・北川宣稔,マイナビ)
Java データ構造とアルゴリズム 基礎講座(長尾和彦,技術評論社)
明解 Javaによるアルゴリズムとデータ構造 (柴田望洋,ソフトバンククリエイティブ)
成績評価方法と基準 中間試験,期末試験の合計得点により判定する(60点以上を合格とする).ただし,両試験に出席し,講義の7割以上に出席した者のみを,単位授与の対象者とする。
オフィスアワー 毎週水曜9,10限.場所は電子情報棟1410室
受講要件 プログラミング演習 I, プログラミング演習 IIを履修済みであること.
予め履修が望ましい科目 計算機基礎II及び演習
発展科目 計算機工学II
電気電子工学応用実験
授業改善への工夫 他の類似講義を参考に,eラーニングシステムMoodleの有効な利用法,分かりやすい講義の進め方について検討している。
その他 この講義は,総合情報処理センターの教室で行う。講義で計算機を使用できるよう,総合情報処理センターの利用資格(アカウント)を事前に確認しておくこと。

授業計画

キーワード 探索アルゴリズム,整列アルゴリズム,データ構造,木構造,スタック,キュー,再帰呼び出し,リスト,マップ,ハッシュ,数値計算
Key Word(s) Search Algorithm, Sort Algorithm, Data Structure, List, Stack, Queue, Recursive Call, List, Map, Hash, Numerical Processing
学習内容 各回の内容を以下に示す.なお【】内は対応する教科書の章である.

1. 導入
2. Eclipseを使ったJavaプログラミング
3. ソート 【1章】
4. ソート 【1章】
5. サーチ 【2章】
6. サーチ 【2章】
7. リスト 【3章】
8. スタック,キュー 【4章】
9. 中間試験
10. 再帰呼び出し 【5章】
11. ツリー構造 【6章】
12. マップとハッシュ 【7章】
13. 浮動小数点型と数値計算 【8章】
14. バックトラック方法と幅優先探索 【10章】
15. 期末試験
16. 総括
学習課題(予習・復習) 授業内容の概略は,事前にmoodleにて公開する。シラバスには教科書の関連する節も記してあるので,予習したうえで,講義に臨むこと。また,ほとんどの回で演習を行う。発展問題も用意するので,各自復習すること。
ナンバリングコード(試行) EN-ECOM-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University