三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部分子素材工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 必修
授業科目名 化学実験Ⅰ
かがくじっけんⅠ
Chemical Experiment I
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 5, 6, 7, 8, 9, 10時限; 金曜日 5, 6, 7, 8, 9, 10時限
開講場所

担当教員 全教員(工学部分子素材工学科)

学習の目的と方法

授業の概要 化学実験に関する安全について学習する。そして、分析化学、物理化学、計算化学、高分子化学に関する基本的な実験を行い、それらの化学実験技術、実験結果の解析法とレポート作成技術を学習する。
学習の目的 将来の化学に関する基礎研究や産業を担うために、基本的な実験技術に練達し、ものづくりに意欲的にとりくむことができる。
学習の到達目標 講義で修得した専門知識に基づいて、グループで協力して化学実験を行い、基本的な化学実験技術を体得する。その結果、実験書に基づいて基本的な化学実験を自ら行い、実験ノートを書き、得られた実験結果を一人で解析し、レポートを作成できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴

教科書 実験を安全に行うために(化学同人編集部、化学同人)
続実験を安全に行うために(化学同人編集部、化学同人)
参考書
成績評価方法と基準 本科目のすべての実験を終了し、すべての実験レポートを提出した学生について、各実験ごとに担当教員が口頭試問、試験等を行い、総合的に成績評価を行う。
オフィスアワー
受講要件 2年次前期までの必修科目をすべて修得していることが望ましい。
実験には危険が伴うので、学生教育研究災害傷害保険または同等の保険に、必ず加入すること。また、実験には、適切な服装と保護具を着けて受講すること。
予め履修が望ましい科目
発展科目 全教科
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 安全教育、分析化学実験、物理化学実験、計算化学実験、高分子化学実験
Key Word(s) Safety Education, Analytical Chemical Experiment, Physical Chemical Experiment, Computational Chemical Experiment, Polymer Chemical Experiment
学習内容 1.実験基礎:安全教育、環境保全センター見学、化学実験ガイダンスと講義

2.分析化学実験:天秤操作、実験器具の取り扱い、中和滴定(水酸化ナトリウム標準溶液の調製と標定、塩酸溶液の調製と標定、食酸中の酢酸の定量)、沈殿滴定(モール法)、錯滴定(EDTAの調製と標定、水の硬度測定)、実試料分析、放射線・放射能及び放射線測定装置の取扱い等について[参考書:図解分析化学の実験マニュアル(岩附正明/太田清久編、日刊工業新聞社)]。

3.物理化学実験:拡散現象、プランク定数の決定(光電効果から)、電解質溶液の伝導度、エレクトロニクス技術(増幅回路を製作し性能を評価する)、蛍光燐光(励起三重項状態の性質を学習する)、気体の熱容量比(気体の熱力学量の分子論的な関係)、ベックマン温度計を用いた酸とアルカリの中和測定、高分子の吸着、高分子溶液の粘度、n-ブタノール水溶液の表面張力、加硫ゴムのNetwork Parameterの決定、ζ-電位と凝結価。

4.計算化学実験:分子軌道計算の演習、理論化学演習等。

5.高分子化学実験:酢酸ビニルの蒸留による精製、酢酸ビニルの乳化重合、AIBNを開始剤としたスチレンのパール重合、界面重縮合法による6,10-ナイロンの合成と赤外吸収スペクトル測定等。
学習課題(予習・復習) 実験前に必ずその実験内容に関し予習を行っておく。実験後は、その実験結果を考察し、レポートの提出を行う。
ナンバリングコード(試行) EN-OTCH-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University