三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・全教育コース
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 選択
農業生物プロ指定科目
授業科目名 植物栄養学
しょくぶつえいようがく
Plant Nutrition
単位数 2 単位
受講対象学生 資源循環学科・物質循環学講座
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 必修
講座必修
授業科目名 植物栄養学
しょくぶつえいようがく
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 1, 2時限
開講場所 大講義室

担当教員 水野隆文(生物資源学部資源循環学科)

 Mizuno Takafumi

学習の目的と方法

授業の概要 各元素の植物体内への取り込みとそれら元素の植物体内での働きを、主に必須元素について説明し、植物が有する無機から有機への物資循環についての役割について講義する。光合成と窒素同化による炭素・窒素の取り組みと糖質、脂質、タンパク質代謝について学ぶほか、各元素がなぜ植物にとって必要かを具体例を挙げて説明する。また化学肥料と有機質肥料、堆肥の基礎について学習する。
学習の目的 植物の必須元素の必要性について学び、無機物から有機物を作出する「生産者」としての植物の重要性を理解することを目的とする。また植物栄養学の前身が肥料学であったことを踏まえ、、農業の基本である肥料について知見を得、化学肥料の必要性や有機栽培に使うことができる肥料の種類について知識を得るほか、土壌改善に必要不可欠な堆肥についての知見を得る。
学習の到達目標 植物における各種元素の吸収、輸送、利用について知識を獲得することにより、植物栄養学的知見からの生育診断ができるようになる。また農作物に必要な栄養としての肥料、土壌改善に必要な堆肥についての知識を得ることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 特に指定はしないが、以下の参考書を購入し予習・復習に利用するのが望ましい。
参考書 植物栄養学第二版(文永堂)、新植物栄養学・肥料学(朝倉書店),その他土壌、肥料、堆肥等に関する各種書籍などは授業中に紹介する。
成績評価方法と基準 期末試験100%。ただし期末試験の受験には2/3以上の授業に出席していることが必要。
オフィスアワー 質問は授業後適宜受け付ける。また7階742号室に担当教員が在室の時は適宜対応する。
受講要件 必須ではないが、土壌学と無機化学の知識は植物栄養学の理解に必要不可欠なため、前期で受けていることが望ましい
予め履修が望ましい科目 無機化学、土壌学
発展科目 土壌学実験
授業改善への工夫 適度な量の板書と図表のプリント配布およびスライドによる説明を適宜併用し、わかりやすく説明すると同時に、ノート作成を通じて学生に適度な緊張をもたせる。予習・復習用のプリントについても配付する。
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
高校理科 (生物)

授業計画

キーワード 元素循環、養分吸収、同化、必須元素、肥料・堆肥
Key Word(s) element circulation, nutrition uptake,Anabolism, essential elements, fertilizer/compost
学習内容 1.植物栄養学とは・必須、有用元素の発見と定義・
2. 植物の物質輸送(1)根(吸収機構、シンプラストとアポプラスト)、茎(構造および導管、師管輸送)
3. 植物の物質輸送(2)茎(導管、師管輸送)葉(構造、蒸散、アクアポリン)
4. 窒素同化(1)窒素固定
5.  窒素同化(2)同化、アミノ酸および含窒化合物合成
6.  植物の生体膜輸送
7. 必須元素各論(1)窒素、リン①
8. 必須元素各論(2)リン②
9. 必須元素各論(3)カリウム、カルシウム
10. 必須元素各論(4)マグネシウム、イオウ、鉄
11. 必須元素各論(5)鉄の輸送体、亜鉛、銅、マンガン
12. 必須元素各論(6)ホウ素、モリブデン、塩素、ニッケル
13. 植物の生育と有用元素:ナトリウム、ケイ素、アルミニウム、コバルト、肥料①肥料とは
14. 肥料②化学肥料
15. 肥料②有機質資材、有機質肥料、堆肥
16. 試験
学習課題(予習・復習) 事前に指定参考書を読み、理解すること
授業ではスライドを印刷したもの(語句を記入する形式のもの)、および予習復習用のプリントを配布します。
ナンバリングコード(試行) BO-AGRI-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University