三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・現代科学理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 医学医療B
いがくいりょうB
Medical Science and Care B
授業テーマ 急病の観察と判断
単位数 2 単位
分野 自然 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業
開講学期

前期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 丸山一男

Kazuo Maruyama

学習の目的と方法

授業の概要 急病・事故に遭遇した際、いかに観察し、判断し、行動するか?医療従事者でなくとも、できることは多くあります。本講義では、「酸素を脳へ」というコンセプトもと、生命活動の根源に関わる酸素の運搬について解説します。 救急蘇生、AEDの使用、ショック、外傷、意識障害、熱中症、溺水など、日常生活で起こりうる救急疾患についての概要と対処法を身につけることを目標とします。本講義が何かあったときのお役に立ててればと考えております。専門的というより、一般の方々の教養と実益になりますよう、「分かりやすく」をモットーに講義を進めて参ります。なお、医療系の学生諸君には、専門科目に入る前に聞いておいていただければ、将来の役立にたつと思います。
学習の目的
学習の到達目標 緊急を要する、病気、けが、事故に遭遇した際の考え方と対処を身につけることができ、回りの人々のお役に立てることを目標にしております。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 プリントを配布します。
参考書
成績評価方法と基準 授業への取組 50% 2/3以上の出席を条件に期末試験50%
オフィスアワー 随時、 内線6401 
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 板書の字を読み易くするよう心がけております。
その他

授業計画

キーワード 急病、けが、応急処置、心肺蘇生、救急疾患
Key Word(s)
学習内容 主な担当:丸山一男(医学科教授、麻酔科専門医、救急科専門医、集中治療専門医、ペインクリニック認定医)
1救急蘇生:酸素を脳へ
2救急蘇生・ショック・AED
3ショック
4血圧
5窒息
6意識障害の症状
7意識障害の原因
8脳梗塞・脳出血・脳内血腫
9トリアージ
10災害医療
11小児救急1
12外傷
13熱中症
14溺水
15小児救急2
16まとめ・テストなど
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) LIMEDN1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University