三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ 閉じる(シラバスの一覧にもどる)

科目の基本情報

開講年度 2021 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・キャリア教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
授業科目名 学生生活支援実践
がくせいせいかつしえんじっせん
Student Life Support Practicum
授業テーマ 学生生活支援実践
単位数 2 単位
ナンバリングコード
libr-fndt-CAED1622-001
開放科目 非開放科目    
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開講学期

後期

開講時間 金曜日 7, 8時限
授業形態

ハイブリッド授業

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

「オンライン授業」・・・オンライン会議ツール等を利用して実施する同時双方向型の授業
「ハイブリッド授業」・・・「対面授業」と「オンライン授業」を併用した授業
「オンデマンド授業」・・・動画コンテンツの配信等によって実施する授業

開講場所

担当教員 鈴木 英一郎(学生総合支援センター)

EIICHIRO,Suzuki

SDGsの目標
連絡事項

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

学修の目的と方法

授業の概要  学生支援に求められる考え方を理解し、様々な背景を持つ学生がいかに充実した大学生活を送るか、そのために同じ学生として自分たちに貢献できることはなにか、についてグループで検討し、それに基づく実践を行なう。
学修の目的 ・学生支援の考え方を理解し、その視点から大学コミュニティに対して自分たちが貢献できることは何かについて考えることができる。
・グループ毎に一つの学生支援企画を検討・実践する過程で、三重大学の学生支援に関する課題を見つけ、その解決について考えることができる。
・グループ活動を通じて、社会人として求められる能力とは何かについて、考察することができる。
学修の到達目標 学内の様々な学生主体の活動に積極的に参加していく。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  • ○主体性
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  • ○リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  • ○心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 授業内での取り組み(担当企画へのコミットメント)50%、期末レポート50%、計100%。(合計が60%以上で合格)
授業の方法 演習

授業の特徴

PBL

問題提示型PBL(事例シナリオ活用含)

特色ある教育

プレゼンテーション/ディベートを取り入れた授業
グループ学習の要素を加えた授業
Moodleを活用する授業
キャリア教育の要素を加えた授業
その他、能動的要素を加えた授業(ミニッツペーパー、シャトルカードなど)

英語を用いた教育

授業改善の工夫 授業の感想や授業評価アンケートの結果を参考にする。
教科書 教科書は使用しない。
参考書 適宜指示する。
オフィスアワー 金曜10:00~12:00 「学生なんでも相談室」
受講要件
予め履修が望ましい科目 スタートアップセミナー
発展科目 各種キャリア教育科目
その他 キャリア・ピアサポーター初級資格を取得するためには、「スタートアップセミナー」および「キャリア教育入門」の単位を取得し、この授業を含む「キャリア実践科目」のうちの1科目の単位を取得することが要件となる。

授業計画

各回
共通
MoodleのコースURL
第1回 概要 イントロダクション
授業時間内の学修内容 本講義における課題と進め方について
キーワード(Key Word(s)) イントロダクション(introduction)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・自分にはどんな学生支援ができそうか、どんな学生支援に関わりたいか考えてまとめる。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第2回 概要 ニーズ把握のためのポイント
授業時間内の学修内容 三重大生の支援ニーズをいかに把握するのかについて
キーワード(Key Word(s)) 学生の支援ニーズ(Student's support needs)
事前学修の内容 ・学内の学生支援部署や各種学生支援メニューについて調べる。
事前学修の時間 60分
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第3回 概要 グループによる企画会議①
授業時間内の学修内容 ・グループにて実践する学生支援企画を検討
・企画書や行程表の作成
キーワード(Key Word(s)) 企画会議(discussion)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第4回 概要 グループによる企画会議②
授業時間内の学修内容 ・グループにて実践する学生支援企画を検討
・企画書や行程表の作成
キーワード(Key Word(s)) 企画会議(discussion)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第5回 概要 グループによる企画会議③
授業時間内の学修内容 ・グループにて実践する学生支援企画を検討
・企画書や行程表の作成
キーワード(Key Word(s)) 企画会議(discussion)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
・報告会でのプレゼンテーションに関する準備。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第6回 概要 中間報告会①
授業時間内の学修内容 検討している学生支援企画の内容とその進捗状況の報告
キーワード(Key Word(s)) プレゼンテーション(presentation)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・報告会で得た各種助言や意見を踏まえて、企画案のブラッシュアップを行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第7回 概要 グループによる企画会議④
授業時間内の学修内容 ・グループにて実践する学生支援企画を検討
・企画書や行程表の作成
キーワード(Key Word(s)) 企画会議(discussion)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第8回 概要 グループによる企画会議⑤
授業時間内の学修内容 ・グループにて実践する学生支援企画を検討
・企画書や行程表の作成
キーワード(Key Word(s)) 企画会議(discussion)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第9回 概要 グループによる企画会議⑥
授業時間内の学修内容 ・グループにて実践する学生支援企画を検討
・企画書や行程表の作成
キーワード(Key Word(s)) 企画会議(discussion)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
・報告会でのプレゼンテーションに関する準備。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第10回 概要 中間報告会②
授業時間内の学修内容 検討している学生支援企画の内容とその進捗状況の報告
キーワード(Key Word(s)) プレゼンテーション(presentation)
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・報告会で得た各種助言や意見を踏まえて、企画案のブラッシュアップを行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第11回 概要 実践期間、および実践に向けての打ち合わせ①
授業時間内の学修内容 ・検討してきた学生支援企画を、更に実践に向けてブラッシュアップする。
・準備が整い次第、グループ毎に支援企画を実践する。
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第12回 概要 実践期間、および実践に向けての打ち合わせ②
授業時間内の学修内容 ・検討してきた学生支援企画を、更に実践に向けてブラッシュアップする。
・準備が整い次第、グループ毎に支援企画を実践する。
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第13回 概要 実践期間、および実践に向けての打ち合わせ③
授業時間内の学修内容 ・検討してきた学生支援企画を、更に実践に向けてブラッシュアップする。
・準備が整い次第、グループ毎に支援企画を実践する。
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第14回 概要 実践発表会に向けた準備
授業時間内の学修内容 ・次回の「実践発表会」に向けて、グループ毎に実践して企画について振り返りを行う。
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・グループでのディスカッションを受けて提示された各自の作業を行う。
・報告会でのプレゼンテーションに関する準備。
事後学修の時間 60分
自由記述欄
第15回 概要 実践発表会
授業時間内の学修内容 ・グループ毎に実践の振り返りを発表する
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事前学修の時間
事後学修の内容 ・最終レポート課題に取り組む。
事後学修の時間 120分
自由記述欄

Copyright (c) Mie University