三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学系研究科(修士課程・博士前期課程)看護学専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修 選択
授業科目名 国際比較看護論
こくさいひかくかんごろん
International Comparative Nursing
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 5, 6, 7, 8時限
開講場所 看護学科棟4F 共同利用研究室(4)

担当教員 畑下博世(医学系研究科看護学専攻)、谷村晋(医学系研究科看護学専攻)、石本恭子(医学系研究科看護学専攻)、佐藤芙紗子(非常勤講師)

HATASHITA Hiroyo

学習の目的と方法

授業の概要 世界的視点から各国の看護・保健・医療・福祉を概観し、看護に関連する現象を文化や価値観を踏まえて考察することにより、国内外における国際看護の課題や将来展望について追及する。
学習の目的 保健医療福祉システムと看護の課題や将来展望について国際的視点から考える能力を高めるために、
1)各国の看護・保健・医療・福祉を比較する。
2)看護に関連する現象を文化や価値観を踏まえて理解する。
3)国内外における国際看護の課題や将来展望について考察する。
学習の到達目標 1)国際的視点から看護学を比較する意義や方法を理解できる。
2)各国の看護に関連する現象を文化や価値観を考慮しながら国際比較できる。
3)国際看護学の課題と将来展望を説明できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 適宜提示する。
参考書 適宜提示する。
成績評価方法と基準 プレゼンテーション、レジメ・資料、ディスカッションの参加状況について総合的に評価する。
オフィスアワー
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 特になし
発展科目 特になし
授業改善への工夫 授業評価の結果や学生からの要望をもとに、適宜改善を行う。
その他

授業計画

キーワード 比較,異文化,国際保健・医療・福祉,国際看護
Key Word(s)
学習内容 講義およびゼミナール:院生は文献を読み要約し、プレゼンテーションをする。その後、ディスカッションを行う。

1)国際保健学,国際看護学の主要概念
2)国内における国際看護活動 
3)国内における国際看護活動 
4)感染症看護の国際比較
5)感染症看護の国際比較  
6)看護教育制度の国際比較(1)
7)看護教育制度の国際比較(2)
8)看護活動の国際比較(1)
9)看護活動の国際比較(2)
10)看護活動の国際比較(3)
11)看護活動の国際比較(4)
12)国内での国際看護活動の実際
13)国内での国際看護活動の実際
14)トピックス
15)まとめ
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) MD-N INT 4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University