三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 法哲学
ほうてつがく
Legal Philosophy
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 5, 6時限; 木曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 髙橋秀治(人文学部)

TAKAHASHI, Hideharu

学習の目的と方法

授業の概要 法律にはなぜ従わなければならないのだろうか。古来、この問題に対してはさまざまな解答が寄せられてきた。授業ではそれらを、それぞれの時代背景とともに振り返りながら、法律についての理論の展開を辿る。
学習の目的 法の存在および拘束力について、法思想および現代の法理論の観点から理解を深めることができる。
学習の到達目標 歴史上の代表的な論者の法に関する考え方を学び、理解することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 Moodle

教科書 深田三徳・濱真一郎編著『よくわかる法哲学・法思想〔第2版〕』(ミネルヴァ書房、2015年)、森村進『法哲学講義』(筑摩書房、2015年)、長谷部恭男『法とは何か──法思想史入門【増補新版】』(河出ブックス、2015年)、瀧川裕英・宇佐美誠・大屋雄裕『法哲学』(有斐閣、2014年)、田中成明『現代法理学』(有斐閣、2011年)、亀本洋『法哲学』(成文堂、2011年)、井上達夫編『現代法哲学講義』(信山社、2009年)、小林公『法哲学』(木鐸社、2009年)、青井秀夫『法理学概説』(有斐閣、2007年)などの中から適宜指示する。
参考書 適宜指示する。
成績評価方法と基準 各回のmoodleへの書き込み30%、テスト70%
オフィスアワー 毎週月曜日10:30~11:30、髙橋研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目 法政コースの諸科目
発展科目 法哲学特論、法思想史
授業改善への工夫 学生からの要望を適宜受け付け、可能な限り対応する。
その他

授業計画

キーワード 法哲学、法思想、自然法、社会契約論、法実証主義、純粋法学、分析法学、法解釈
Key Word(s)
学習内容 第1回       はじめに
第2回~第3回   法哲学とは何か
第4回~第5回   法の拘束力についての予備的考察
第6回~第9回   古代ギリシア・ローマ時代の自然法理論
第10回~第13回 キリスト教的自然法理論
第14回~第17回 社会契約論~近代自然法思想
第18回~第22回 近代の法理論
第23回~第26回 法実証主義
第27回~第29回 法理論としての法解釈学
第30回      まとめ
ただし、内容は暫定的なものであり、変更することがあり得る。
学習課題(予習・復習) 各回の講義資料をmoodleに掲載するので、その指示に従って予習する。また授業後に、各自の感想や考えたことなどを書き込む。
ナンバリングコード(試行) HU-SOCI-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University