三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部建築学科 ・専門教育
建築環境・設備
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
授業科目名 建築設備 I
けんちくせつび I
Building Services I
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 北野 博亮(工学部建築学科)

KITANO, Hroaki

学習の目的と方法

授業の概要 建築における熱環境と空気環境の調整のための空気調和設備の概要とその計画法を学習し、良好な室内環境と省エネルギーを考慮に入れた最適設計の考え方を体得する事をねらいとする。
学習の目的 建築における熱環境と空気環境の調整のための空気調和設備の概要および良好な室内環境と省エネルギーを考慮に入れた最適設計に関する知識を得て、これらを建築設備計画に適用できるようになる。
学習の到達目標 1.建築の省エネルギー計画と建築設備に関する知識を習得する。
2.建築物の熱負荷計算法に関する知識を習得する。
3.空気調和設備設計法に関する知識を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 建築設備工学(田中俊六他、井上書院)、プリント
参考書 空気調和ハンドブック(井上宇市編、丸善)
成績評価方法と基準 1.7割以上の出席のある学生を成績評価の対象とする。
2.成績評価は、講義中に行う演習評価20点と期末の試験評価80点の合計で行い、総点数/10を四捨五入して最終評価とし、最終成績6以上を合格とする。
オフィスアワー 毎週水曜日15:00~17:00,場所 4311A室
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 建築環境工学Ⅰ、建築環境工学Ⅱを履修している事が望ましい。
発展科目 建築設備設計法
授業改善への工夫 試験の結果や小演習・レポートの結果などから、学生の理解度や問題点を確認し、講義内容へのフィードバックを検討する。
その他

授業計画

キーワード 空気調和設備、省エネルギー、熱負荷計算
Key Word(s) Air conditioning system, Energy saving, Heating and cooling load calculation
学習内容 1. 建築と建築設備
2. 建物の省エネルギー計画
3. 空気調和設備概要
4. 各種空調方式の種類と特徴(1)
5. 各種空調方式の種類と特徴(2)
6. 冷暖房負荷計算の概要
7. 冷房負荷計算(1)ガラス窓熱負荷計算法
8. 冷房負荷計算(2)壁体貫流熱負荷計算法
9. 冷房負荷計算(3)暖房負荷計算、冷暖房負荷計算演習
10. 空調プロセスの概要 
11. 空調プロセスと空気の状態変化
12. 熱源システム
13. 搬送システム
14. ダクト・配管設計法
15. 空調設備の自動制御
16. 試験
学習課題(予習・復習) 各回、事前に教科書等を熟読し、理解できない部分を明確にしておく。本講義中に行う小演習を通して講義内容をフォローしつつ復習する。
ナンバリングコード(試行) EN-ARCH-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University