三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文社会科学研究科(修士課程)社会科学専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修
授業科目名 刑事手続と人権特講
けいじてつづきとじんけんとっこう
Criminal Procedure
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所 人文学部4階伊藤研究室

担当教員 伊藤 睦(人文学部法律経済学科)

ITO Mutsumi

学習の目的と方法

授業の概要 刑事訴訟法及び憲法上の基本的理念に照らし合わせながら、犯罪及び刑事司法を取り巻く現代的課題につき個別具体的に検討する。検討の対象は、刑事訴訟法の他、少年法、刑事政策等の各分野に関係する問題を含む。
学習の目的 刑事法を取り巻く現状につき、資料等の科学的分析に基づいて正しく理解するとともに、現代的課題について、今本当に論じるべきことは何か、目指すべき正義とは何かを突き止める力を付ける
学習の到達目標 刑事訴訟法、少年法、刑事政策等の各分野における近時の課題について、専門的知識を得る。
現代社会についての刑事法的な考え方と、法的な意見表明の方法を学ぶ。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 適宜指示する。
参考書 開講時に指示する。
成績評価方法と基準 報告内容50%、講義時の受講態度と授業への貢献度50%
オフィスアワー 前期のみ 
毎週火曜日5~6時限 人文学部4階伊藤研究室
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 特になし
発展科目 特になし
授業改善への工夫 授業毎に受講生の意見をきき、授業の中でその意見を反映させる
その他

授業計画

キーワード 刑事手続の現状と課題
Key Word(s) criminal procedure
criminal justice
juvenile justice
学習内容 刑事訴訟法及び少年法、刑事政策などの分野にかかわる最近の重要書籍及び参考書を取り上げ、検討する。各回とも、受講生に報告を担当してもらう。

 1回目     ガイダンス及び報告者順序等の決定
 2~ 7回目  被害者の手続参加、裁判員制度、取調べの改革などにまつわる刑事訴訟法の重大課題についての検討
 8~ 12回目 少年法の厳罰化など、少年法にまつわる重大課題についての検討
 13~15回目 薬物犯罪者の処遇、触法精神障害者の処遇等、刑事政策にまつわる重大課題の検討

なお、検討の順序や検討内容については、開講後に受講生との協議の上変更する可能性がある 
学習課題(予習・復習) 毎回、テーマに関係する論文を配布するか、あるいは書籍を指定するので、事前に熟読し、見解をまとめておくこと
ナンバリングコード(試行) HU-PULA-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University