三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 作曲法
さっきょくほう
Composition
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 3年次, 4年次
~68 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 作曲ゼミナール2
さっきょくぜみなーるに
Seminar in Composition 2
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所 教育学部音楽棟2階 アンサンブル室

担当教員 森川 孝太朗(教育学部音楽教育コース)

Kotaro MORIKAWA

学習の目的と方法

授業の概要 作曲ゼミナール1で学んだことを発展させ、インヴェンションやカノン等の対位法的楽曲を創作する。
学習の目的 対位法を駆使した楽曲の創作をすることにより、音楽語法を豊富にし、作曲技術を拡張する。
学習の到達目標 厳格対位法の知識と技術を活かし、対位法的楽曲を創作できる能力を身につける。
西洋音楽に対するより深い洞察力を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 池内友次郎 著 二声対位法(音楽之友社)
尾高惇忠 作曲 こどものためのピアノ曲集「童話の国」(音楽之友社)
参考書
成績評価方法と基準 毎授業の課題(50%)、提出課題(50%)、計100%(合計が60%以上で合格)
出席数が2/3に満たないものは不合格とする。
オフィスアワー 毎週水曜日10:30~12:30 場所:作曲・音楽理論研究室
受講要件 作曲ゼミナール1を履修済みであること。
予め履修が望ましい科目
発展科目 作曲ゼミナール3・4
授業改善への工夫 本授業で扱う内容について、学習者が学んだことがすぐに具現化できないことが多々起こり得る作曲技術であるため、適宜学習者の学習状況に見合った教材を準備する。
その他 厳格対位法の技術を一朝一夕で獲得することは困難であるため、学習者の進捗状況により作曲ゼミナール1で扱った内容を復習することが起こり得るが、辛抱強く取り組むこと。

授業計画

キーワード 厳格対位法,カノン
Key Word(s) strict counterpoint, canon
学習内容 1.ガイダンス
2.華麗対旋律の復習①
3.華麗対旋律の復習②
4.カノンについて
5.平行カノンの実施①  
6.平行カノンの実施②
7.反行カノンの実施①
8.反行カノンの実施②
9.拡大・縮小・逆行カノン及び各種カノンの複合について  
10.カノンの作曲①
11.カノンの作曲②
12.対位法的楽曲の作曲①
13.対位法的楽曲の作曲②
14.対位法的楽曲の作曲③
15.作品提出
事前・事後学修の内容 事前学修にあたっては、与えられた課題を実施しておくこと。
事後学修にあたっては、J.S.バッハのインヴェンションや平均律クラヴィーア曲集などの対位法的楽曲を参照すること。
ナンバリングコード(試行) ED-COMP-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University