三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・人間発達科学に関する専門科目(D類)
科目名 人間発達科学コース選択科目AⅢ 教育実践創造
にんげんはったつかがくこーすせんたくかもくえいさん きょういくじっせんそうぞう
受講対象学生 教育学部, D 類

学部(学士課程) : 3年次, 4年次
~67 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 学習心理学
がくしゅうしんりがく
Learning Psychology
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可, 他研究科の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 中西良文(教育学部学校教育講座)

NAKANISHI Yoshifumi

学習の目的と方法

授業の概要 人が新たなものを学んでいく中で、どのような心理学的プロセスが働いているのであろうか。これを理解することができれば、効率的に人を「賢く」する方法が分かるはずであろう。
本講義では、学習心理学の研究知見の中から、記憶や動機づけなど重要なトピックについて取り上げて話題提供する。さらに、特に興味深いトピックについては、学習者主体型の活動を通して、学習を進める。これらを通して、授業で学んだ心理学的知見をいかに生かせばよいかについて習得できることを目指す。
学習の目的
学習の到達目標 学びの過程を心理学的に理解し、より良い学習指導を行ったり、自らの学びを改善するスキルを身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 PBL グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書 授業において指定することがある
参考書 参考書:「授業を変える」 米国学術研究推進会議編 北大路出版 ・「自己形成の心理―自律的動機づけ」 速水敏彦 金子書房
成績評価方法と基準 レポートや授業活動への関与
オフィスアワー 前期・金曜13:00~14:30・学習心理学(中西)研究室
受講要件 最低限の意欲とコミュニケーション力
予め履修が望ましい科目 教育心理学
発展科目 学習心理学実践技法・モティベーションサイエンス
授業改善への工夫 講義の中に、自発的に学習を進めていく活動を取り入れながら進めていく
その他

授業計画

キーワード 「学習」の科学的理解と実践的知識の獲得
Key Word(s) Learning Psychology, Working Memory, Motivation
学習内容 イントロダクション
様々な学習理論
学習理論の変遷
学習に関わる心理学的過程
学習心理学に基づく学習指導
他者との関わりと学習過程
学んだ知識をどのように活かせばよいか
学習課題(予習・復習) 学生相互の主体的な学習を行うセッションでは、授業時間外に学生同士で学習を進めていくことがある。その分、身になる知識がつくと考えられるため、これらの学習を頑張って進めてもらいたい。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University