三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学研究科(修士課程)教育科学専攻・特別支援教育領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
隔年開講のため、1年次・2年次ともに履修することが望ましい。
選択・必修 選択
授業科目名 障害者病理特論Ⅱ
しょうがいしゃびょうりとくろん2
Pathology of Individuals with Special Needs Ⅱ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

隔年開講の授業につき、平成29年度に開講する(平成30年度は開講しない)

開講時間 水曜日 9, 10時限
開講場所 特別支援教育図書室(専門校舎2号館5階)

担当教員 村田博昭

MURATA, Hiroaki

学習の目的と方法

授業の概要 障害児は様々な教育上の課題を抱えていて、その原因・病態は複雑なため、教育と医療との連携が不可欠である。その原因疾患・状態診断・治療・医療的ケア・療育について理解し、医療的視点を活用できると、個別の教育支援計画をたてる上で、より充実した教育が可能となる。そのために、障害児医療・療育についての基本的な医学的知識を講義し、その現場をみて、そこで行われている教育と医療との連携について、実践的知識とその応用について理解を深める。
学習の目的
学習の到達目標
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書
参考書
成績評価方法と基準
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 隔年開講の講義であり、翌年の平成30年度は開講しない年になります。

授業計画

キーワード 小児科学、発達障害
Key Word(s) Pediatrics, Developmental Disorders
学習内容 1.広義の発達障害とは/その原因疾患(原因診断)と病態(状態診断)・治療・ケア
2.精神遅滞(知的障害)・行動異常(いわゆる発達障害:広汎性発達障害・ADHD・学習障害・情緒障害など)
3.運動障害(脳性麻痺・筋ジストロフィー症など)
4.感覚障害(視覚・聴覚障害など)
5.てんかん
6.障害児に起こりやすい症状・急性疾患とその治療・救急処置
7.常時医療的ケアを要する重度の障害児(呼吸障害・摂食嚥下障害障害など)
8.学校と医療との連携:学校での医療的ケア提供の仕組み
9 - 14.実践現場の見学・研修:肢体不自由児施設・療育センター(児童デイサービス施設)・重症心身障害児施設・同通園事業施設・療育介護事業所(進行性筋萎縮症児療育委託施設)・自閉症児施設・発達障害者支援センターなどの現場を見て、その実践的応用を討論する。
15.医療・福祉・教育の連携:各ライフステージから見た障害児(者)の人生を、学際的に支援するという考え方を養う。
16.まとめ
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-ECSN-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University