三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)建築学専攻
領域 主領域 : G
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修
授業科目名 建築構造解析学特論
けんちくこうぞうかいせきがくとくろん
Advanced Structural Analysis
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所 建築棟2階会議室

担当教員 花里 利一(工学研究科建築学専攻)

HANAZATO Toshikazu

学習の目的と方法

授業の概要 地盤・地震動から建物の応答まで建物の耐震設計の基礎的な知識から実用的な解析手法まで学習する。建築構造解析に関して、耐震設計を中心とする高度な知識や技術について講述する科目である。英文テキストも使用する。
(建築構造の計画、設計、施工管理に関するインターンシップに必要である。)
学習の目的
学習の到達目標 構造設計解析に関する基礎的知識を修得する。実務で用いられる解析手法について理解する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 資料を配布する。
参考書 建築振動学(田治見宏、コロナ社)、新・地震動のスペクトル解析入門(大崎順彦、鹿島出版会)、最新 耐震構造解析第二版(柴田明徳、森北出版)
成績評価方法と基準 レポートの成績と出席により成績を評価する。レポート50%、出席50%とする。
オフィスアワー 随時、メール hanazato@arch.mie-u.ac.jp
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 特になし
発展科目 建築構造解析学演習
授業改善への工夫 学生参加型になるように工夫する。また、実大スケール構造物の振動台実験や構造設計解析例の実例も交えながら講義を行う。
その他 英語対応授業である。

授業計画

キーワード 建築構造、構造解析、耐震設計
Key Word(s) Structural dynamics, soil dynamics, Earthquake ground motions, soil-structure interaction, seismic evaluation, seismic response, environmental vibration
学習内容 講義は、建築物の耐震設計法を中心に、下記の内容で進められる。
1. 地震の発生から地震動の伝播、入力地震動の考え方
2. 土質動力学の基礎
3. 重複反射理論
4. 地盤と建物の動的相互作用
5. 地震動のスペクトル解析
6. 地盤耐震学、解析に用いる地盤定数の評価法、地震による地盤災害
7. 建物の応答解析の基礎(1自由度系・応答スペクトル)
8. 建物の応答解析の基礎(多自由度系 固有値解析とモーダルアナリシス)
9. 建物の応答解析の基礎(多自由度系 地震応答解析)
10. 非線形解析手法の基礎(接合部モデルと復元力モデル)
11. 荷重の評価と確率論に基づく安全性評価方法
12. 環境振動に関する解析手法
13.限界耐力計算と保有水平耐力計算
14.耐震診断に関わる評価手法その1
15.耐震診断に関わる評価手法その2
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) EN-ARCH-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University