三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学研究科(修士課程)教育科学専攻・人文・社会系教育領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 選択必修
社会科教育の学生は履修することが望ましい
授業科目名 社会科教育特論Ⅰ
しゃかいかきょういくとくろんいち
Social Studies Teaching Ⅰ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 永田 成文(三重大学教育学部)

NAGATA,Shigefumi

学習の目的と方法

授業の概要 社会科授業の本質を理解し,社会科の先行授業実践を分析した上で,三重県の地域に関するテーマ,異文化理解に関するテーマ,地球的課題に関するテーマ,自然科学・社会科学に関するテーマの中から設定したトピックに関わる社会科授業を構想する。
学習の目的 社会科教育の本質に基づいて,先行実践を目的・内容・方法という視点から分析し,設定したテーマに基づく小単元の社会科授業を構想できる。
学習の到達目標 先行実践に学び,設定したテーマに基づいて教材を集め,ねらいと内容と手立てを意識した社会科授業を構想できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

各自の専門的知識・情報収集力をを生かしてほしい

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 社会認識教育学会編『新社会科教育学ハンドブック』明治図書,2012個々の設定したテーマの授業に関係する本や教科書を各自調達
参考書 日本社会科教育学会編『新版社会科教育事典』ぎょうせい,2012
成績評価方法と基準 「参加態度」= 50%,「提案教材」= 50%
オフィスアワー 毎週木曜日13:00~14:00,教養教育1号館3F社会科教育第2研究室
受講要件 人文・社会系教育領域の社会科教育を専攻する学生は受講することが望ましい。他専攻や他領域の学生も受講可能であるが,全受講生数を10名くらいまでとする。
1年後期の社会科教育特論演習Ⅰで連続して受講すること。
予め履修が望ましい科目 学部:社会科教育法Ⅰ・Ⅱ
学部:社会教材研究
学部:社会科授業論
発展科目 社会科教育特論演習Ⅰ
授業改善への工夫 講義の進め方について学生の意見から取り入れることが可能な部分を改善する。
その他 社会科教育専攻の学生は社会科教育特論Ⅰと社会科教育特論演習Ⅰは前期後期で連続しているので両方を受講すること。

授業計画

キーワード 実践分析,地域,異文化理解,自然科学・社会科学,授業構想
Key Word(s) Practice analysis, Region, Cultural understanding, Natural science and social science, Lesson design
学習内容  1回目  ガイダンス(教材開発のすすめ方)
 2回目 社会科授業の目標
 3回目  社会科授業の内容 
 4回目  社会科授業の方法 
 5回目  社会科授業の分析(地域)
 6回目  社会科授業の分析(異文化理解)
 7回目 社会科授業の分析(社会科学)
 8回目  希望教材開発の概要発表(地域)
 9回目  希望教材開発の概要発表(異文化理解)
10回目  希望教材開発の概要発表(社会科学)
11回目  教材開発構想発表(地域)
12回目 教材開発構想発表(異文化理解)
13回目  教材開発構想発表(社会科学)
14回目  研究テーマ・分担決定(グループ)
15回目  研究テーマの先行実践分析(グループ)
事前・事後学修の内容 社会科教育を意識して,自分の開発した教材構想,教材を発表し,議論をもとに修正を繰り返す。
ナンバリングコード(試行) ED-EDSO-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University