三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部機械工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
工学部機械工学科
選択・必修 選択
学科選択
授業科目名 機械加工学
きかいかこうがく
Materials and Processing Technology
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 中西栄徳(工学研究科機械工学専攻)

NAKANISHI, Eitoku

学習の目的と方法

授業の概要  「ものづくり」の原点でもある機械工作に必要な基礎的な知識と考え方を身につける.地球環境に配慮しつつ,高精度・微細・高速・省人という高度化する要求を実現するための最適な加工法を提案できる機械技術者であることを目指す.講義では,変形加工と除去加工の両者の違いや特長にも注目しながら,エコロジカルな加工についても学ぶ.
学習の目的  機械の製造に必要な加工技術について知ることができる。また、具体的な材料加工の問題に対し、環境への負荷にも配慮した適当な加工法の提案ができるようになる。
学習の到達目標 本講義で到達できるレベルとして,例えば,FE試験のINDUSTRIAL分野におけるManufactureing Processes, またMECHANICAL分野におけるMaterial Behavior/Processing の問題が解けるレベルが挙げられる.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

「感じる力」:20%
「考える力」:40%
「コミュニケーション力」:20%
「生きる力」:20%

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 適当な市販教科書があれば,教科書として採用する.なければ,担当者が作成した資料・プリントを配布する.
参考書 機械加工技術や加工現象に関しては,「・・工作法」,「・・加工法」,等のタイトルで多数刊行されている.また,加工中における材料の特性に基づく変形や解析については,「加工の力学」,「塑性力学」等のタイトルで刊行されている書物が有効である.
成績評価方法と基準 評価は,期末試験(100点)で行い,得点/10の小数点以下を四捨五入して6以上を合格とする.ただし,授業出席率70%以上を期末試験受験の有資格とする.
オフィスアワー 前期火曜日・木曜日昼休みに,機械創成棟3階牧教員室にて対応.電子メールによる受付も可.
受講要件 材料力学,工業材料(機械材料)に関する基本科目を受講済みであることが望ましい
予め履修が望ましい科目 「材料力学及び演習」,「機械材料学及び演習」,「金属材料学」
発展科目 「機能加工システム」,「工場見学」
授業改善への工夫 毎回の授業の初めに,前回までの内容を簡潔に示し,身につけるべき内容と理解の確認を行うことで教育目標の達成を確認するとともに,授業への導入が容易になるように努める.特に,変形加工と除去加工の対比にも重点を置き,加工技術全体を正しく認識できるように,また将来性を考慮し環境適合加工法についても力点を置くように努める.
その他

授業計画

キーワード 生産加工,鋳造,溶接,塑性加工,切削加工,研削加工,特殊加工
Key Word(s) industrial processing, casting, welding, plastic working, cutting, grinding, nontraditional machining
学習内容 第1回 機械工作の歴史(ものづくりの認識,材料の進歩と加工技術,創意工夫の重要さ)
第2回 材料の被加工性
第3・4回 鋳造
第5・6回 塑性加工
第7・8回 接合加工
第9・10回 切削加工
第11・12回 研削加工
第13・14回 特殊加工
第15回 測定技術
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習) 授業の内容を予めチェックし,既習の専門授業科目(機械材料,材料力学)の関連箇所の再認識も効果的な理解を助ける.また授業内容の理解確認のために課すレポート課題の具体的内容については講義時に説明する.
ナンバリングコード(試行) EN-PROC-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University