三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科 ・成人看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 成人看護学実習Ⅱ
せいじんかんごがくじっしゅうⅡ
Adult Nursing Practice Ⅱ
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間
開講場所

担当教員 辻川真弓、坂口美和、吉田和枝、竹内佐智恵、犬丸杏里(医学系研究科看護学専攻),武田佳子,船尾浩貴(医学・看護学教育センター)他

学習の目的と方法

授業の概要 成人期の特性を理解した上で、健康上の問題を持つ対象の健康レベル・状態に応じた看護を臨地実習を通して実践することができる。
学習の目的 1.手術や生命力の急激な変化が予測される対象の特徴を理解し、心身の苦痛の緩和、日常性の回復に向けた援助をおこなう。
2.慢性的な経過をたどる疾患をもつ対象者の特徴や治療を理解し、その健康障害のレベルに応じた看護やQOLを向上させるための援助をおこなう。
学習の到達目標 1.成人期の特性を多面的に理解し,看護過程の展開を通して,対象の成長,適応に向けた看護ができる。
2.手術などの侵襲に伴う対象の身体的,心理的変化を理解し,回復の促進および社会生活の適応に向けた看護ができる。
3.生活の再構築を必要とする対象を支援し,社会生活に適応するよう援助できる。
4.苦痛をもつ人の特徴を理解し,緩和ケアのあり方を考え実践できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

看護に必要な3つのH(Heart,Head,Hand)がいかに重要か気づいてください。

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL

教科書 教科書、参考書 必要時実習中に指示する。
参考書
成績評価方法と基準 行動目標の達成度を実習記録、患者との関係、看護の実施場面、カンファレンス等への参加、学生自己評価等から総合的に評価する。特に出席は重要視する。
オフィスアワー 毎週木曜日15時~16時 場所:成人看護学教員研究室
受講要件 成人看護学Ⅰ 成人看護学Ⅱ 成人看護学Ⅲを履修済みであること。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 各グループの実習終了時、看護学科実習用に作成された評価項目に沿った評価を実施する。教員はこの結果をふりかえり、次クールの実習に反映する。
その他

授業計画

キーワード 周術期看護、慢性疾患と看護、健康レベル・状態に応じた看護、セルフケア
Key Word(s) Adult clinical nursing practice, Acute care nursing, Nursing and health care of chronic illness, Patient self-manegement
学習内容 1)成人期の特性の理解と対象のセルフケア能力を促進する看護
2)手術などの侵襲の大きな治療が対象に与える身体的、心理的変化の理解。
3)対象の回復促進および社会生活への適応に向けた看護。
4)終末期にある患者と家族の理解と緩和ケアの実践。
※受け持ち患者の状況に合わせて看護過程を展開しながら、ケアを実践することにより上記の学習し、成人期にある患者への看護師の役割を考える。
学習課題(予習・復習) 実習は、予習復習の連続です。情報収集、アセスメント、計画立案、実施、評価そしてアセスメント・・・と看護過程が連続するように、皆さんの予習・復習もそれとともに連続します。患者さんや病棟ナースから、たくさん学ばせていただきましょう。
ナンバリングコード(試行) MD-NADU-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University