三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部機械工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
工学部機械工学科
選択・必修 選択
学科選択
授業科目名 知的財産権概論
ちてきざいさんけんがいろん
Intellectual Property
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
物理工学科の学生と共同受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期集中

開講時間
講義日指定
開講場所 開講場所については,掲示板で確認ください.

担当教員 狩野 幹人(社会連携研究センター),八神 寿徳(社会連携研究センター)

KANOU Mikihito, YAGAMI Hisanori

学習の目的と方法

授業の概要 イノベーション(価値形成)の推進および産業競争力の復活・向上が,日本経済・産業の発展に必要不可欠であり,それらにおいて知的財産の重要性が挙げられている.知的財産は,その創出,保護・強化,活用が基本であり,それらをサイクルして継続することが研究・開発あるいは事業の推進において重要となる.したがって,将来,企業や大学において研究・開発を担う人達が知的財産について知識を有することが望まれる.
そこで,知的財産権(特許,意匠,商標など),営業秘密等について平易に解説し,その基礎的知識を習得する.特許,意匠,商標などの取得方法,その活用についても説明し,知的財産の有効利用を習得する.更には,効率的な研究・開発のための特許や商標に関する情報の利用方法についても,演習により学ぶ.
学習の目的 知的財産権の概要を理解するとともに,活用方法,特許や商標に関する情報の収集・利用方法,知的財産権の取得方法を習得することを目的とする.
学習の到達目標 1.特許等の知的財産の意義を理解できる.
2.特許等の知的財産に関する法律の概略が理解できる.
3.特許,意匠,商標,営業秘密のあらましについて知識を得る.
4.演習を通じて特許や商標の検索をおこない,その方法について体験する.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 特に指定しない.スライドのレジュメを配布する.
参考書 特に指定しないが,
1.事業戦略と知的財産マネージメント(特許庁発行)
2.産業財産権標準テキスト-総合編-(特許庁発行)
3.産業財産権標準テキスト-特許編-(特許庁発行)
4.産業財産権標準テキスト-意匠編-(特許庁発行)
5.産業財産権標準テキスト-商標編-(特許庁発行)
6.書いてみよう明細書,出してみよう特許出願(特許庁発行)
等が挙げられる.
成績評価方法と基準 1.7割以上出席した者を評価の対象とする.
2.評価は,出席とレポートをあわせて総合的に行い,60点以上を合格とする.
オフィスアワー 集中講義の2日間の休憩時間に,講義室にて対応する.
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 知的財産権の背景となる工学的な事例としては,「生産システム工学」の授業内で一部紹介がある.
授業改善への工夫
その他 単に教科書での説明でなく,パソコンを使用し,特許情報プラットフォームにアクセスすることで演習により,特許や商標の検索を実体験する.

授業計画

キーワード 知的財産権, 発明,特許,新規性,進歩性,意匠,商標,営業秘密,特許情報,商標情報
Key Word(s) Intellectual property, Invention, Patent, Novelty, Inventive step, Design, Trade mark, Trade secret, Patent information, Trade mark information
学習内容 集中講義であるため,通常の講義の8回分を以下の内容に分けて講義を行う。
第1回
1.知的財産権の概要
2.発明と特許(特許になる発明,特許権等)
3.特許・営業秘密の活用と管理
4.意匠,その活用と管理

第2回
5.商標,その活用と管理
6.特許情報の検索(特許情報プラットフォームにアクセスし,パソコンにより演習)
7.意匠情報の検索(特許情報プラットフォームにアクセスし,パソコンにより演習)
8.商標情報の検索(特許情報プラットフォームにアクセスし,パソコンにより演習)

以上の授業内容を2日間の集中講義によって行う.具体的なスケジュールについては,掲示にて連絡する.
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) EN-COMN-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University