三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部情報工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択
選択科目
授業科目名 ヒューマン・インタフェース
ひゅーまん・いんたふぇーす
Human Interface
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所 工学部指定教室

担当教員 若林 哲史(工学部情報工学科)

WAKABAYASHI, Tetsushi

学習の目的と方法

授業の概要 コンピュータ・システムやコンピュータ・ソフトウェアのユーザ・インタフェースの設計に必要な知識の習得を目的とする。
学習の目的
学習の到達目標 コンピュータが身近な道具として利用されることにより、そのユーザ・インタフェースの重要 性は増してきている。従来、ユーザ・インタフェースの評価は実験心理学、心理物理学などの基礎知識を習得したものが実施すべきとの考えが支配的であった が、コンピュータ・システム/コンピュータ・ソフトウェアの開発に関わるすべてのエンジニアが、HCI(Human-Computer Interaction)に対する共通の認識を持つことが何より重要である。本科目ではこのような観点から、情報工学科を卒業した学生が、コンピュータ・ システムのハード/ソフトウェアの設計に携わる場合に必要な知識について習得することをねらいとする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書
参考書 参考書:
吉川榮和編著「ヒューマンインタフェースの心理と生理」、コロナ社
井上勝雄著「インタフェースデザインの教科書」、丸善出版
成績評価方法と基準 評価は、定期試験で行う。最終成績は10点満点とし、6以上を合格とする。
オフィスアワー 電子メールにて随時対応
waka@hi.info.mie-u.ac.jp
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 ソフトウェア工学
マルチメディア・コンテンツ製作学及び演習
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード ヒューマン−コンピュータ・インタラクション,人間の記憶,インタフェース・デザインの開発
Key Word(s) human computer interaction, introduction to human memory, developing interface designs
学習内容 第1回 ヒューマン−コンピュータ・インタラクションとは
第2回 ユーザ・インタフェース
第3回 人間の記憶
第4回 作動記憶
第5回 記憶の組織化と構造
第6回 精緻化
第7回 知識表現
第8回 熟練,技能と技能の獲得
第9回 プラス転移とマイナス転移
第10回 インタフェース・デザインの開発
第11回 ソフトウェアの工学の3アプローチ
第12回 対話的システムの評価
第13回 実験計画
第14回 仮説と検定
第15回 ユーザ・インタフェースの設計
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) EN-INAP-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University