三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学研究科(博士後期課程)生物圏生命科学専攻
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次, 2年次, 3年次
選択・必修 選択
授業科目名 生理活性分子反応論
せりかっせいぶんしはんのうろん
Reaction Mechanism of Bioactive Compound
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 稲垣 穣(生物資源学研究科生物圏生命科学専攻), 増田裕一(生物資源学研究科生物圏生命科学専攻)

INAGAKI, Minoru
MASUDA, Yuichi

学習の目的と方法

授業の概要 自らの研究の専門性と生理活性化学研究の専門性を相互に踏まえ,新しい文献や過去からの定番文献などを読み,タンパク質受容体(レセプター)と低分子物質の認識機構,酵素反応に対する有機化学的解釈に関して教員との議論や相互の補完説明を行って,知識理解,研究の視点を広げるなど,博士論文研究を展開するための基礎を身につける.
学習の目的 複雑で総合的な生理活性分子の反応を有機化学的に理解できる形に部分的に分解して捉え,研究して行くための手法を理解する.
学習の到達目標 複雑で総合的な生理活性分子の反応を有機化学的に理解できる形に部分的に分解して捉え,研究して行くための戦略を考えることができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴

教科書 テキスト:特に定めない
参考書
成績評価方法と基準 発表や討論の取り組み(50%),課題(50%).
オフィスアワー 木曜日15:00-16:00,場所生物資源665号室.
受講要件 特に要件を設けないが,有機化学,反応機構,タンパク質化学などに興味を持ち積極的に学習・討論できる者が望ましい。
予め履修が望ましい科目 なし
発展科目 なし
授業改善への工夫 受講生の専門分野や研究内容に沿ったアドバイスができるように講義内容を柔軟に選択する.
その他 特になし

授業計画

キーワード タンパク質,生理活性分子,分子認識,酵素反応機構,遷移状態,活性残基,立体選択的反応,構造活性相関,創薬戦略,分子デザイン
Key Word(s) protein, bioactive compound, molecular recognition, enzyme reaction, transition state, active residue, stereoselectivity, structure-activity relationship, drug development strategy, molecular design
学習内容 ○糖鎖構造
○タンパク質立体構造
○分子認識
○ウイルス宿主認識
○酵素反応機構
〇創薬デザイン
〇分子設計と構造活性相関
などの話題を中心に資料を調査し,種々の論文に触れる.自らの研究に関連した話題で議論を重ねていき,研究に対する糸口を見いだす.
学習課題(予習・復習) 博士後期課程の学生にとって,本人の専門をより発展させることと専門の周辺知識を拡張することの両方が必要とされることから,履修者と担当教員の間で協議して,履修者に相応しい専門書や論文を選定し,それらを精読しながら,意見交換,内容のお互いの補完を行う。遠隔地の履修者に置いては,電子メールや書面による交信も1つの手段である。半期の授業時間のなかで,論文や書物のレビューを提出する。
ナンバリングコード(試行) BO-AGCH-6

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University