三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)分子素材工学専攻
領域 主領域 : F
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 2年次
選択・必修
授業科目名 分析化学演習
ぶんせきかがくえんしゅう
Seminar in Analytical Chemistry
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 9, 10, 11, 12時限
開講場所

担当教員 金子 聡(工学研究科分子素材工学専攻)

KANECO, Satoshi

学習の目的と方法

授業の概要 分析化学的な立場から最先端の問題について、課題を与えて調査し、発表させて討論することにより分析化学の理解を深める。
学習の目的
学習の到達目標 分析化学の基礎理論と機構を習得し、分析化学の基礎をなす水溶液系の化学反応と応用について、実用例や具体例を参考に演習し、理解・習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴

教科書 Quanititative Analysis (R.A.Day and A.L.Underwood, sixth editon,Prentice Hall Publisher)
参考書
成績評価方法と基準 与えられた課題の理解度、レポート
オフィスアワー 月曜日~金曜日12:00~12:50、基本的にはこの時間帯ですが、質問などがある場合にはいつでも気軽に質問に来て下さい。分子素材工学棟4階3421室
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 分析化学特論、環境化学特論
発展科目 環境創成工学特論、分析化学特論
授業改善への工夫 授業中に学生の反応(理解度)を勘案しながら、授業後の学生の意見を参考にして、学生の授業評価アンケートの結果等も参考にし、演習の工夫、組み立て、説明を行う。さらに、分析化学に関する興味深い話題や知識を盛り込んで演習を進める。
その他 英語対応授業である。
演習の資料は、基本的に英語で記載してある。

授業計画

キーワード 分析化学、定量分析化学、定性分析化学、化学平衡、溶解度積、錯生成反応
Key Word(s) Analytical Chemistry; Quantitative Analytical Chemistry; Qualitative Analytical Chemistry; Chemical Equilibrium; Solubility Product; Chelate-formation Rreaction
学習内容 第1回・第2回 与えられた分析化学に関する具体的事例の外国語発表論文の精読(与えられたテーマの最新分析化学論文を検索、入手する。)

第3回・第4回 論文精読(分析化学論文を精読する。)

第5回・第6回 論文理解(分析化学に関する専門用語、語彙についてチェック、検討し、論文を深く理解する。)

第7回・第8回 論文内容に関する調査及び関連論文の検索、理解(当該論文の内容を深く理解するために既発表の論文を調査し、理解する。)

第9回・第10回 論文の纏め方(分析化学に関する分かりやすい日本語論文の纏め方を習得する。)

第11回・第12回 論文の発表(説得力の有り、理解し易い論文発表法を学習する。)

第13回・第14回 分析化学の論文発表に関する質疑と討論(発表論文に関する質疑を通じ、論文の読み方、理解の仕方を習得する。)

第15回 全体のまとめ
学習課題(予習・復習) 講義中に挙げる。
ナンバリングコード(試行) EN-INAN-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University