三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・全教育コース
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択
授業科目名 森林生態学実習
しんりんせいたいがくじっしゅう
Field exercise in forest ecology
単位数 1 単位
受講対象学生 共生環境学科・森林資源環境学講座
学部(学士課程) : 3年次
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 選択
授業科目名 森林植物生態学実習
しんりんしょくぶつせいたいがくじっしゅう
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 5, 6, 7時限
各個人の進行次第で時間延長する場合がある.
開講場所

担当教員 木佐貫博光(生物資源学部),鳥丸猛(生物資源学部)

KISANUKI, Hiromitsu, Torimatu Takeshi

学習の目的と方法

授業の概要  多面的機能を持つ森林の育成・保全を考える上で必要な,森林を構成する生物種ならびに生物集団の生態に関する知識および理解を習得するために,植物の観察を屋内外において行う.
学習の目的  実際に樹木を詳細に観察することで,個々の植物種において栄養成長や繁殖に多様な様式があることや,微細な環境の違いが植物群落の種組成に影響していることを理解できるようになる。
学習の到達目標  主要樹種の種子,実生の成長過程,群落構造などの観察に関する実習や現地見学を通して,森林の育成および保全に必要な知識の習得に努める.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書
参考書 亀田龍吉,多田多恵子.調べて楽しむ葉っぱ博物館.山と渓谷社,2003年.
菊澤喜八郎:北の国の雑木林.蒼樹書房,1986年.森林立地調査法編集委員会:森林立地調査法.博友社,1999年.
成績評価方法と基準 レポートの内容(スケッチ,結果と考察の詳細さ,丁寧さ)が90%,出席態度が10%で100%評価.
オフィスアワー 毎週月曜17~18時, 場所:生物資源学部568室,569室
受講要件 屋外での作業には危険が伴うので、学生教育研究災害傷害保険には必ず加入すること.
予め履修が望ましい科目 植物学,森林育成学,森林生物学実験,森林生態学
発展科目
授業改善への工夫 野外での観察・測定の経験が少ない学生に対し,フィールドワークを通じて樹木の生活を考えさせる.
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
野外での実習が多いので,天気によってスケジュールの順番を変更する.雨天以外は足回りに注意し,日焼けや虫除けなどの対策は,各自でとること.

授業計画

キーワード 森林生態系,森林環境,森林植物,野生生物,生物多様性,生態系保全
Key Word(s) forest ecosystem, forest environment, forest botany, wildlife, biodiversity, ecosystem conservation
学習内容 1-2. 構内の樹木観察 
3. 根圏の観察 
4. 葉の水ポテンシャルの測定 
5. 花序の構造の観察 
6-8. シュート成長の測定
9. 森林群落データの統計処理
10. 森林群落データの視覚化
11. 植物体からのDNA抽出方法
12. DNAの精製 
13. 電気泳動によるDNA濃度の推定
14. PCRによる多型解析 
15. 実習の解説
学習課題(予習・復習) 1.植栽木について調べる.
2.植物の生殖器官について調べる.
3.樹木の水分生理について調べる.
4.群落の調査方法について調べる.
5.分子生物学手法について調べる.
ナンバリングコード(試行) BO-FRST-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University